2009年12月1日火曜日

TiffanyなHP200LX

Tiffanyの袋を張っただけですが・・・。
塗装しようと企んでいるのですが、塗装する前に遊んで見た感じです。
かなり隙間が目立ちますが。
右下のはリボンもつけてみました。

2009年11月29日日曜日

HAWAII

1週間ほどハワイに行ってきました。
メモがてらいろいろ書いてみようと思います。

荷物
こういうサービスを使うと、空港までほぼ手ぶらで移動できるので便利です。
家→空港、空港→家 という往復サービスもあります。

東京駅→成田空港
成田エクスプレスに乗るまでの移動経路は事前に確認しておいたほうが良いと思います。

私も確認しておいたので、スムーズに載れましたが、乗り場まで徒歩でけっこう時間がかかります。
新幹線から降りて、成田エクスプレスに乗るまで15分~30分ぐらい余裕をみておいたほうが良いと思います。

日本から出国・税関
海外製の物は出国前に、ここで申告用紙に記入したほうが良いそうです。(パソコン等も)
海外製かどうか分からない物も書いてしまっても問題ないようです。
海外製のものをいろいろ持ってる人は、空港に行く前にメモ帳などに書いておいたほうが便利です。

日本から出国・セキュリティチェック
ノートとかモバイル機器をトレーに乗せて見せるわけですが思ったほどチェックが厳しくなかった。
X線に通されますが、私の改造の後の残るHP200LXも大丈夫でした。
出国時、靴を脱ぐことは求められませんでした。
私のベルトには金属が使われているんだけど反応しなかった。
磁化しないものは大丈夫なもよう。

ハワイに入国
入国審査。
けっこうな時間並びます。

言語
ワイキキ周辺では、日本語がどこでも通じます。
普通に日本語で話しかけられるので、英語を楽しみたい人には残念かもしれない。

ハワイのご飯
米はおいしくないのでワザワザ食べることないですね。
ホテルの米はマシなほうでしたが。コンビニのおにぎりなんかは、硬くてまずいです。
毎日なんだかんだいって肉ばっかりだったと思う。
野菜中心の食事も有りますが口にあいませんでした。

虫とか
11月という事もあってか、ワイキキ周辺は、ほとんど虫が居なかったです。
ワイキキ以外にもあちこち旅行しましたが、蚊にさされる事もありませんでした。
熱帯雨林特有のでかい生物がたくさんいるんだろうと思っていたんですが、日本の冬並みにほとんどいませんでした。鳥が

いっぱいいるので、食べてくれてるのかもしれません。

天気
ビーチ周辺は、雨でも小雨のようなシャワーが降る程度で傘はいらないみたいです。

買い物
ワイキキのInternational Market Place は気をつけたほうがいいですね。
ボッターがいっぱいいます。
後は大丈夫だと思います。
11/26 はアラモアナセンターなどあちこちが休みです。

バス
JAL PAKで行くと乗り放題のカードがもらえるので便利です。

ハワイから出国
セキュリティチェックが日本より厳しいような感じです。
みなさん靴を脱がされました。
私は時計をはずすのを忘れてアラームがなってしまいましたが。
はずしてもう一度通ってアラームがならなかったので、とくにボディチェックはされませんでした。
私のベルトには反応しなかった。
金属でも磁化しにくいものは大丈夫なのかもしれない。
液体物は同様に100mlまでの容器でビニール袋に。
飲み物をバックに入れて持ち込んだ人を一人見かけましたが、普通にひっかかって、没収されました。
検査はちゃんと機能してるようです。

日本に入国
飛行機内で税関に申請するカードにいろいろ記入。
普通の観光なら、特別に記入する項目はなく、いいえにチェックしておしまいな感じです。
税関で日本を出国する時に書いた書類を提出。

三脚

けっきょく三脚を買いました。

SLIK 800G-7
http://www.slik.com/light/4906752350232.html

短くして465mm
長くして1,430mm
まで伸びます。

軽くて、しかも安い。
某カメラ店で買ったのですが5000円代で買えてしまったと思います。
スーツケースにも入るし、意外と安定感もあって、パノラマ撮影にも重宝しました。




2009年11月16日月曜日

SONY DSC-HX1

海外旅行に行くので写真を撮らねばなるまいという事でSONY の DSC-HX1 を買った。
携帯で事足りてたので、まともなデジカメ買ったのは初めてかもしれない。

デジカメの写真は、銀塩には適うまいと長らく思っていたわけですが、最近そんなのどうでもよくなってきたし、性能も良くなってきたし値段も安くなってきたという事で、ここいらで買ってもよかろうと思っての事。

今まで買ったデジカメといったら
Q-PIC(アナログだけど)とCE300ぐらいです。
(どっちも売っちゃったけど)


機能も性能も私には十分な感じ。
身内も使うので、あまり難しい操作だといけないわけですが。
EASYモードなどもあるので十分使えそうな感じです。
これが3万ちょいで買えてしまうのだから、すごい世の中になったものです。

パノラマも試してみました。
水平とか垂直に動かすのが難しくて、三脚が必用かなーと思いました。
風景とかだといいんだけど、部屋の中とかで、直線がたくさんある場所でとると、その直線のゆがみが気になる写真が撮れてしまうようです。
まっすぐ動かせるように腕を鍛えないといけません。
でもまあ、撮れてしまうだけでも、面白いものだと思います。

Call of Duty Modern warfare 2 (2)

このシリーズはすばらしいなーと思います。
今回も期待を裏切らないクオリティーでした。

今回は気の病む表現が多めですが、いろいろと考えさせられした。
今回も最新兵器が登場します。
非道ぶりが話題になったかもしれないUAV Droneも登場します。

最初に、気の病みそうなある1つのミッションに関してスキップするかどうか問い合わせのウィンドウが開きます。
私はせっかくなのでスキップしなかったのですが、そのミッションで私はほとんど撃てませんでした。
見ているのもけっこう嫌でした。
撃たなくてもクリアはできるみたいで。

スキップしますか?と聞かれて、はいと答える人はそーいないと思うんですが。
やった後でやらなきゃよかったなーと思いました。

難易度は前作に比べて少し落ちたかもしれないけど、無理に進もうとするとあっさりとやられてしまう感じでした。
今回はISS(国際宇宙ステーション)も登場します。
思わぬ展開に驚きました。
宇宙に浮かぶ地球もなかなか綺麗に描写できていました。

ところでハートビートレーダーみたいなものとか本当にあるんですかねー。
マウントされたスコープもFLIRセンサーみたいな感じになってる場合もありました。(OFP2にも登場)
最近のテクノロジーはすごいですね。

ネタばれになってしまいそうなので、この辺で。

2009年11月14日土曜日

Call of Duty Modern warfare 2

US版を9月頃から予約していたのですが、つい先日発売されました。
まだ手元には届いていないのですが、明日あたり届く予定です。

US版のModern Warfare 2 は、Steamで認証しないと遊べないのですが、お店の人の話によると、日本からは認証できないそうです。
お店によっては代行してくれるところもあり、私も対応してもらえそうです。
これから買おうとしている方は注意が必用ですね。

日本語版がスクウェアエニックスから12月末に発売しますが、どーいう感じになるんでしょうねー。
私は英語のゲームは全て英語で遊びたいと思っていて、字幕だけなら理想的なのですが、音声まで日本語化してあるものは遠慮したいなーと思っています。

私がかつて遊んだ英語圏のいくつかのゲームの日本語版で、音声も日本語化されているものについて私の印象は最悪です。
体験版は英語版である場合が多いので、体験版で遊んでから面白いと思って日本語版を買うと、体験版とのギャップにがっかりします。

英語だとリアルな感じで違和感も無く、わざとらしさも感じないのですが、日本語版だとアニメみたいになってしまうように感じました。
声優が悪いわけではないと思うのですが、ひどいものだなーと思ったものです。
訳が悪いんですかね。

また、海外ゲームを遊ぶ時は、私のように英語の勉強も兼ねている人もいると思うので、ローカライズする場合には、字幕や音声をDVDの言語メニューみたいに全ての作品でユーザー自身が選べるようになると、ありがたいなーと思う今日この頃です。

2009年10月22日木曜日

Operation Flashpoint: Dragon Rising

Operation Flashpoint: Dragon Rising をUS版を遊んでみました。Arma 2 なども遊んだのですが、だいぶ遊びやすくなっていて、かなり好感が持てました。
Arma 2 の振り向いた時に、視野がぼやける表現は、搭載されていないようです。普通のFPSのようにクリアな視界で一瞬で応答します。
OFP 1 に比べると、当然絵も綺麗になっていて、操作性も向上しました。部下への命令もQキーによるクイックコマンドで、すばやく命令が下せるようになったようです。また、エアストライクやアーティラリー、迫撃砲などの支援も要請することが出来るようになってました。
急な斜面を登ることが出来たり、降りるときも落下せずに下ることができたりと、ゲーム性を高めたというか、けっこう割り切った作りになっているように感じました。(直角に近い所からは落ちてしまうようです)画面遷移のレスポンスもよく、ゲームとしての完成度がいままでの中では一番高いという印象をうけました。
シングルミッションは、OFP1 に比べると物足りない感じで、乗り物を活用したミッションがほとんどありませんでした。ヘリで移動するぐらいです。一応、車や戦車も登場するのですが。車に関しては、のれるようです。戦車は、試す機会が無くてまだ試していません。
マルチプレイではミッションで協力プレイをしたり、対戦ができます。こっちのほうも遊びやすくなってます。
付属のシングルミッションだけでは試しきれないほどにシステムが作りこまれていると思うので追加ミッションなどが出てくれないと(出ると思うのですが)、システムがもったいないですね。

HP200LX

7年ぶりぐらいに、HP200LX をセットアップして使ってみたのですが、その軽快さに驚きました。

HP200LXを箱にしまってから、いろいろとモバイル機器を試してきましたが、その度にHP200LXみたいにはいかないなーと思っていたのですが、実際使ってみて、いまだにこれに勝る物はないのだなーと改めて実感しました。

セットアップの仕方なども忘れていたのですが、当時のフラッシュパッカーがそのまま残ってて、どうやら当時の私が書いたらしいrecovery.bat なるものが入っていて、救われました。

数日使ってみて、あまりに快適で感動したので、 www.palmtoppaper.com でHP200LXのdouble speed 4MB を 1台購入してしまいました。
手持ちのマシンの液晶が、左に縦線が3本入ってる状態なので、予備部品も無いし、今のうちに買っておこうかというのもあります。

HP200LXが手元に届き、日本語化しようと思ったのですが、どうもKDISP200は使えないようです。
Rom version is defferent というエラーがでてしまい、日本語表示ができません。

ROM version を調べてみると、手持ちのLXも新しいLXも 1.02A なのですが、片方は2MBで片方は4MBなので、その辺の違いだろうと思います。

皆さんも買うときは注意してください。

市販の日本語化キットならば、仕組みが違うので動くらしいです。
現在は、JKIT-FREE という物もあるもよう。

近頃3秒で起動するOSも話題になってますが。
そういうのを母艦にできれば、ネットを介したデータの同期も俊敏に対応できるようになるかもしれないですね。

2009年5月20日水曜日

DDO 関連リンク

DDO wiki

DDO map

ELECOM USBメモリ MF-SU2

色は、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトとある。

邪魔にならない形なので、モバイルのReadyBoost 用にしようかと思って購入。
ReadyBoost対応ではなかったので、使えるかどうか分からなかったが。
ReadyBoostに要求される性能はクリアしているようで、うちの環境では問題なく使えた。

背面にLEDが付いている。
うちでは、白を買ってみたのだが、LEDの色は赤で、これが随分と明るく、うるさいかもしれない。


参考:ELECOM

2009年5月15日金曜日

超小型トラックボール その2

超小型トラックボールですが。
妙な凸凹が本体にあります。


この位置に、4番目のボタンがあったら、丁度、本体を指におさめた状態で、押せるのですが。
この位置に4番目のボタンがくるように設計されていたのでは・・・と感じました。



分解して裏側を見ると、棒状の物を収納できるスペースがあるのですが使われていません。
ケーブルの取り回しようの穴とも考えられるのですが、真相は不明です。
この辺の隙間を利用して、改良してやれば、使いやすいデバイスになると思います。
時間と材料がそろったら改良してみようかと思います。

超小型トラックボール


私は上海問屋で買ったのですが、最近SANWAでも買えるようになったみたいです。



光学式のようで、暗い所だと、かなり激しく光っているのが分かります。

操作感は、いまいちです。
各ボタンが、けっこうグラグラします。
意識的にまっすぐ押したり、強く押すようにしないと反応しない事があります。

分解した所、ボタンスイッチの突起部が長い事と、ボタン裏のその突起部が入る部分に隙間がありすぎる事が原因なのかもしれません。
アルミテープでボタンの突起部分を巻いて太くしてやることで、改善しました。

一応、4ボタンです。
表に、普通のマウスと同じように、左クリック、右クリックができるボタンがあります。
その他に、スクロールボタンのようなものがあり、これを押すと、トラックボールの動きでウィンドウ内がスクロールできるようになります。
裏に、ミドルボタンがあるようですが、これは、がんばっても指の平らな部分では押せませんでした。
裏返して爪などで押さないことには押せませんので、おまけみたいな物だと思います。


お勧めの BlueTooth ヘッドセット

BLUETREK Bizz Bluetooth wireless headset for mobile devices.

結構前に買ったのだけど。今更レポートしてみる。

本体にUSB端子を内蔵していて、ノートパソコンのUSB端子や、モバイル用のUSB充電のACアダプタなどからケーブルレスで充電できる。
ケーブルの持ち運びをしなくて良いので、かなり重宝する。
microSDのスロットもついているのだが、それは使ったことが無い。
必要ないような気もする。
私は WILLCOM 03を所有しているのだが、問題なく使えた。


付属品も紹介しておこう。

・右上がマニュアル。
・その左に、BlueToothヘッドセット本体
・その下、USBの延長ケーブル(けっこう硬くて曲がらない)
・その下、車のシガーソケット用のUSB充電アダプタ
・左、ストラップと、スピーカ部のカバー。
と。
付属品もかなり充実している。

参考記事:mobilitysite.com

expansysで購入可能だ。



操作マニュアル

・電源の ON/OFF
次の時間の間、ボタンを押したままにする。
on : 3 秒
off: 7 秒. (赤 LED が1回点灯)

・電話への応答、終了
ボタンを1回押す(青 LED が 1回点灯)

・ペアリング
青 LED と 赤 LEDが交互に点灯するまで、約 7秒間、ボタンを押したままにする。
(最初に電源がオフの状態でやるのだと思う)
PassKeyは、伏せておきます。(マニュアル参照)


2009年5月11日月曜日

携帯ディスプレイ

携帯ディスプレイの紹介。

今は、USBのサブディスプレイが安く売られているが、昔はなかなか持ち運べるディスプレイは無かった。

書類ケースの中央部を液晶に合わせてカットし、中に液晶と関連する基板を収納。
液晶は、CoCoNet液晶工房で調達。

熱は自作のヒートシンクによって後面全体に広がるように分散させてある。

2008年5月頃の作品。

Dungeons and Dragons Online

最近面白いゲームが無いなーと思いつつ。
D&D Onlineの広告をたまたま発見。
以前、友達にも散々勧められた事を思い出したので、今更ながら D&D を始めた。

D&D Onlineがオープンになった当時、EverQuest 2 や Lineage II をやっていたので、遊ぶ余裕がなかったのだが、なかなか面白くて、はまりそうな予感。
遊んでいて Neverwinter nights を思い出した。

さっそくドラゴンマークのクエストでつまづく。
ネット上に回答はあるのだが、カンニングは楽しくないのでしばらく保留して、情報収集をしている最中。
私は、D&Dのテーブルトーク版もやっていた事があるのだが、まったく分からない。
コアな人は、即答できるんだろうか・・・。
それともこのゲーム独自のものなのだろうか。

それにしても、洋ゲーは、やっぱり出来がいいな。
開発チームは Turbine なんですかね。
Turbine といえば、Asheron's Call も手がけていたと思います。

最近不景気であちこちで、チームの解散が発表されていますが。
TurbineとかCodemastersには生き残って今後もいろいろなゲームの開発を続けて欲しいですね。


2009年5月1日金曜日

F.E.A.R.2 demo

FEAR2の体験版を遊んでみた。

前作も十分怖かったが、さらに怖くなって帰ってきた。
少しばかりか慣れている自分も怖い。

http://www.4gamer.net/games/041/G004138/20090123024/

エコナのたまねぎドレッシングがうまい件

うますぎる。
ちなみに海苔と妙にあう。
スーパー行ってもある時と無いときがある。
そんなに売れているのかー。