2010年3月5日金曜日

XPS M1730用 exterior fan

ノートPC冷却台です。

もともと、うちのXPS M1730 は、XPSと同じ大きさの木製の台の上に、2-3cmスペースをとって、穴の開いたアルミ板を敷いて、その上においていた。
デスクに直におくよりは、風通しが良いはずなのだが、冷却が不十分だった模様。


ヒートシンクに埃が一切積もってない「新品のXPS M1730」でも冷却が不十分な気がする。

普通に木製のデスクにのせて、電源投入後しばらくすると、平常時でもGPUが70度前後になる。
この状態で3Dアプリケーションやゲームを動かせば、+10度以上に達する事もあると思うので
かなり危険な状態だったはず。

ということで、修理されて帰ってくるであろうXPSのために、今回、以下の物を制作した。

材料代は3000円かかってないと思う。

・無印良品でアクリルの台(120円ぐらい)を2つを購入。

・ホームセンターで、アクリルの棒(400円ぐらい)を2本。

・ファンは、amazonで、サイズの800円ぐらいのやつ。

・ステンレスのメッシュは不明
(うちにあった物。たぶん材料の中で一番高い気がする)

・スイッチも不明。50円未満だと思う。

・他
ホットボンド。アクリル系接着剤、ネジ。
スリーエムの両面テープ。

工具
ドライバー。ドリル。半田ごて。金のこ等。

この上にXPSが載ると、エアは右から吸われて左から吐かれる予定だが、ぶつかって拡散したエアは四散させる方針で設計。
XPS本体のファンと干渉しないように、若干、前のほうに配置してある。
電源は12Vの使ってないACアダプタで容量の足りてそうなものを使うことに。


このファンは、HDD冷却用に数年前から使ってるのと同じ物を選択。
音も静かで、価格もリーズナブル。( SY9225SL12VBL )


せっかくなので回転速度の調節用のボリュームもそのまま利用。


肝心のXPSは修理中。
来週ぐらいには修理も終わって戻ってくると思う。

補足
アクリル板にファンを取り付ける穴を開けなければならないので、どうにか楽をしようと思って、数百円のアクリルカッターを購入してきたのだが、これでやるとかなり苦労する。
超音波カッターも検討したが、このために買うのは、少々高いので却下した。

おそらく板を切るぐらいなら、アクリルカッターは楽な手段なのだろうけど、穴をあけるとなると、1/3まで削って、そこから折るという技は使えず、貫通させないといけない。

左側は、そのアクリルカッターで、なんとか穴を開けたのだが、ハンマーでぶち抜く際に、ヒビは入るし、細い所が折れたりと、苦労した甲斐がなかった。
右側は、普通にドリルで端に数個の穴を開けて、そこから、のこぎりで切った。

で、何度も何度もカッターで削っていくよりは、普通にのこぎりで切ったほうが楽だったというオチ。



XPS M1730 ビデオチップ故障

修理のために、国内でPCの修理をしてくれる所に診断を依頼していたのだが
ビデオチップ故障とのこと。

ビデオチップ交換ということで、5万以内で修理できそうなので、そのまま修理を頼むことにした。
メーカー修理だと、GPU2枚交換だと思うんで、9万ぐらいかかると思われる。

ちなみにビデオチップが壊れるとこうなる。