2010年7月18日日曜日

ノートの修理

近況。
XPS M1730が故障して、結局、前回と同じ所に修理を依頼していたのだけど。
診断してもらった所、ビデオチップの故障ということで確定した。

続けて壊れたこともあってか、値引きしてくれるらしくて、助かった。
なんて良心的なんだ。

で、8月上旬ぐらいには修理されて戻ってくると思う。

あちこち調べて回ると、XPS M1730 は、ファンの反応が鈍いせいで、よく壊れるPCらしい事が分かるのだが、DELLフォーラムにある投稿によると、DELLのノートは、ファンが4本線で繋がっているなら青のPWMを切ってやると、ファンが回りっぱなしになるらしい。

で、そこにスイッチでもつけてやるのが私も良いと思うのだけど、XPS M1730にもあてはまるかどうかは分からない。ケース開けて見てみる価値はありそう。

氷冷時の温度推移グラフは、けっこう冷えているように見えたけど、効果の程が分からなくなってしまった。
ケースは冷えるので、ケース内に満たされた空気も冷却されているはずなのだろうけど、どのような冷却方法もセンサーが先に冷えてしまうような印象を受ける。
そのせいでもともとの廃熱プロセスがおろそかになってしまって、かえってよくない結果になっているような気がする。

また、かつて底面にファンを増設した場合においても同様の原因で効果がなかった。
ファンの向きも関係なく、GPUに風があたっていても効果なし。

オリジナルのファンをそのPWMワイヤーの加工で強制的に回す以外には方法が無いのかもしれない。

ヒートシンクの交換ができればいいのだけど・・・。

すでに2回壊れているし、作業用のマシンも新設する気なので、大事に扱おうという気は既に無くなった。

底面ぶちぬいて水冷化でもなんでも、できるものなら、してやりたい。
あるいは、ファンレスGPUについてるような、でかいヒートシンクが付いてれば、外からいくらでも冷やしてやれるのだけど。


修理して戻ってきても、またいつ壊れるか分からないマシンなので、テスト用のマシンとしてぐらいしか用途が無い。
長時間安定して使えるマシンになれば、用途もそれなりに広がるが。

困ったものです。

一応すでに新設するPCのために古いPCケースを加工中。
一応ATXなのだけど、電源スイッチが、かつてのトグル式だったので交換。
でかい上に、ほぼ全面金属のケースのせいか、かつてビビリ音がすごかった。
とくに光学ドライブが回りだすと、激しい振動音が側面の板から出ていたのだ。
イマドキのPCに仕上げるとファンとかHDDで、かなり振動することが予想されるので、叩いても振動しないようにあちこち静穏化しているのだけど、マシにはなりつつも、なかなか全ての振動音は消えてくれなくて苦労してます。

2010年7月13日火曜日

シャトルのトランスポーター修正

スターフリートにマークの機能があるので、シャトルのトランスポーターは、削除するつもりで、消し忘れていたのですが、シャトルをダンジョン入り口に待機させて利用したりとかもできるし、トランスポーターは合ったほうが便利だと思ったので、きちんと機能するように修正しました。

(STARFLEETと同じようにCREATURE MARKERを配置しました。
これ自体に問題が無ければ正常に動くはずです。)
(シャトル導入済みのセーブデータだと正しく機能しない恐れがあります)

starfleet files

2010年7月12日月曜日

PCの見積もり

見積もってみた。

MBASUS P7P55D-E14000
CPUIntel Core i517000
MEMDDR3 PC3-10600 x 29000
GPUELSA GLADIAC GTS 250G13000
PWowltech M12D SS-750EM17000
OSW7Pro DSP17500
光学ドライブLG BH10NS3013000
合計-100500

なんか今更なスペックかもしれないけど。
主力マシンが無い状況だと、これでも輝いて見える。
i7はけっこう熱いらしいので、今回は、そこまでがんばってくれるマシンでなくてもよいのでi5を選択。
32bit版のOSを今更買うのか結構悩む。
メモリ足してる余裕も無いし、当面4Gで間に合う気はする。

電源は750Wもいらない気がするが、HDDが3個ぐらい付く予定。
BDドライブもいらないのだが、DVDドライブを今更買う気になれないのが難点。


SATAケーブルが手元に無いのでそれで+500~600円。
追加のファンで+3000円ぐらい。
熱伝導グリスは手持ちのストックがあるのでそれを利用。
ファンコンは無し。


まあ電源とBDドライブをケチれば、もっと安く出来そうな気がする。
家にあまってるドライブがCD-Rしかないので、それではちとバックアップも困る。


これと全く同じ物を作るかどうかは、まだ分からないが、遠からず、これに近いものができあがるだろう・・・。

HDDは、とりあえず家にあるRAIDのスペアを使う。
ケースも家に放置されてたタワー型を利用。
EverQuestをやってた頃に使ってたもので、とても懐かしい。また使う日が来るとは・・・。
イマドキのネジの少ないケースにあこがれるが、予算が厳しいので致し方あるまい。
あとは組んでみて、ケースの空き状況や熱の状況を見て、水冷化するかどうか考えよう・・・。

2010年7月11日日曜日

シャトルのトランスポーターは機能しません。

シャトルのトランスポーターは機能しませんでした。

シャトルのスクリプトに、シャトルにテレポートする機能が有るのですが、これは正しく機能しません。
削除しようと思っていたのですが忘れてました。

テレポート先が、シャトルのSTATICオブジェクトになっており、XMarker でもなければ、Creatureでもないので転送できることもあれば、出来ないことのほうが多いと思います。

このためだけにXMarkerを配置したり、Creatureを配置するべきでもないと思ったので、削除するつもりでいたのですが、スターフリートにばっかり気をとられていて、すっかり忘れてしまったようです。

なのでシャトルのトランスポート機能は利用しないほうが、安定すると思います。

PC修理発送

一応サブノートで、MODの制作は不可能ではないので、デバックをやっている最中。
tesnexusにあげて以来、やっぱりなーと思っていた部分でバグやら問題は発生しているという報告があるので、その辺の改善に着手。
主にCSWikiの熟読とスクリプトの最適化。

オンボードGPUゆえにレンダリング結果が著しく普通のGPUとは異なるので、細かい部分のチェックも出来ないし、改悪になる気がして、やる気がおきない。
(オンボードGPUとはいえ、3Dアクセラレートはしてくれるらしく、期待以上の活躍はしてくれているが。
今のオンボードは侮れない・・・。)


スクリプトをのぞいた人は分かると思うが、随所で、変数を定数代わりに使っている。
メモリの節約のために、その部分は、ver 1.0 では定数定義の部分は削除して、実現部での参照は数値に置換する予定。
いじりたい人用に一緒に置換用の実行ファイルか元に戻すための差分を添付すると思う。



とりあえずPCは直すことにしたので壊れたXPSを修理屋さんに送った。

DELLではなく修理専門の業者に依頼。
DELLだと、たぶんGPU交換で金額にして2-3倍かかると思われるし、そんな金はない。
前回は、約1ヶ月かかったので、今回もそのぐらいだろう。


FF14にあわせて新調する事も検討していたが、今のところ、あちこちのベンチのスコアを見る限り、FF14に見合うスペックのPCを作るのは、普通の予算では、無理であることが判明。

ということで、まともにつくるのはやめ。
まあ実際FF14なんて、遊んで見なきゃ、どの辺に負荷がかかるかなんて分からないし、今より負荷も下がるかもしれないし、よく分からない。

いいパーツが合ったら買って、で、集まったら作るという感じで、それで妥協することにした。
昔はよくそういう作り方をしたもんだが。懐かしい。
最近は、私の住んでる地域には、パーツ屋が減ってきて、かなり広範囲に車で移動しないといけない。
毎週末にそうやってパーツ探してたら、すぐ出来てしまう気もするが・・・。まあ気長に。

2010年7月8日木曜日

TESNEXUS

一応アナウンスしておこうかと思いまして。
TESNEXUSにあがっているスターフリートは、前のと同じ物です。

壊れたPCが復旧するめどが立たないので、TESNEXUSにもあげました。

自作PCもパーツリストつくって見積もりだすと高くつきそうだった。
妥協するならショップブランドのほうが安上がりだし悩むわホント・・・。

今度買うPCはFF14に耐えるPCにしたいとかいう贅沢な事も考えている今日この頃。








2010年7月3日土曜日

今後の予定

7月は忙しいので、しばらく放置という感じになるかもしれない。

あれから何回かひそかにアーカイブのほうは更新されていて。

STARFLEET_TEXTURES.7z について。
ざらざらゴツゴツしていたメタルテクスチャのノーマルマップが修正されたりしている。
ハッチや右側通路のフレームに使われているテクスチャです。
またミップマップがなかったり、ノーマルマップのサイズがテクスチャと一致してなくて
解像度下げた時にノイズ状になるようなテクスチャも修正されています。

とくにアーカイブは分けなかったので、ダウンロードの負担も大きいと思いますので

とくに気にならない人は次のアップデートまで待っても良いと思います。


今後。
subspace というのが前から気になっていて、これを設定すると同じセル内でも
NPCが任意の地点にきちんと移動してくれるらしいので、菜園や医療室、食堂、機関室
など主要な部分に設定してみる予定です。

また、メインデック全体が1つの部屋でメッシュもほぼ1つで、PCによっては重い状態なので分けようと思います。
セルはわけずに、視覚的なメッシュ部分のみ分けてみます。

コリジョンは今のままにして、モデルだけ分けてみようと思います。
そうすることでNPCは落下せずに、モデルだけ距離に応じて見えたり見えなくなったり
してくれると思うので、実験してみて、良かったらそれをリリースします。


そんな感じです。

ドックや支援コンパニオンなどは今の所実装に踏み切る予定はありません。
今のがいろんな面において安定した時に、esm化してみて、それからやってみようと思います。
esm化は、この間失敗しているので、それも研究してみなければなりません。

2010年7月2日金曜日

低解像度でテクスチャが崩れる


低解像度でテクスチャがノイズ状に崩れるのは、ノーマルマップのサイズが、それを利用するテクスチャのサイズとあっていない場合に起こるようだ。

なので、全てのノーマルマップをチェック中。

ミップマップが無い事を疑ったが、そっちは1枚を除いて大丈夫だったもよう。

2010年7月1日木曜日

内装のローポリゴンモデル

内装のローポリゴンモデルをファイル置き場においておきました。

一番大きいセル(Public Area)のエンジンと配管、右側の通路下の部分のローポリゴンモデルです。


特に重いと感じていない人は利用しなくても大丈夫です。

エンジンは箱に、廊下は板になります。
そっち方向を向いた時、FPS的には、いくらかマシになるようなので、とりあえず公開します。





いつもの場所です。
https://sites.google.com/site/eisenbase/


元に戻す時の復元用のデータも込みなので、上書きでOKです。
readme にも一応書いたのですが、それらのモデルは

「Oblivionのディレクトリ\Data\Meshes\eshwStarfleet\Architecutre」 に配置してください。

内装のローポリ版

代用マシンでなんとかなりそうな感じなので、作業を始めました。
内装の右側通路とエンジンのローポリモデルを近いうちに出します。
2つだけですが。

モデルのデータは既にあるので環境が整えば、すぐ出せそうな感じです。

物は単純で、右側通路は1枚板に変更して、エンジンをほぼ箱にするだけです。
自分で出来る人はやっても良いと思います。


エンジン部分は、パイプやコアの周りの円盤なども含めて1つのモデルなので、1つ差し替えるだけでかなりポリゴン数が減ります。

右側の通路も、似た様な感じで、ガラス板の部分と中の部分がそっくり1枚板に変わります。
コリジョンは、メインのフロアに含めてあるので、こっちのほうは、なんでもいいような感じになってます。

今は、BLENDER等のインストール作業中。

映像制作のほうは難しい感じです。
取説的な感じで、使い方がわかるようなムービーを作る予定でしたが
今ある映像だけで、できるものかどうか、検討している所です。


---
機関室周りで特定方向を向いた時のFPSは向上するものの、2つじゃあんまり替わらないもよう。
そりゃそうだよなー。
まあ動いてるのすら軌跡というような環境でテストしているので仕方ないかもしれないが。

ヴァニラだとオンボードGPUでも動かしてもスムーズなので、それと比べると、スターフリートは重い。
遊べなくなるほどではないが。
やっぱりポリゴン数は、ヴァニラに比べると多すぎるのだろう。
角の面数も多すぎる気がする。
試しに、いろいろ disable してみたが、目立って速くはならない=P

---
見えているオブジェクト数はたいして影響していないようだった。
床のオブジェクトをdisableした時に最も軽くなる。
光の反射などで重くなっているのかもしれない。
光が多すぎるとは思っていたが。