2010年10月27日水曜日

いいなーこのキーボード

ネタ元
http://www.4gamer.net/games/023/G002318/20101027021/


と思ってよく見たら104の英語キーボードだった。
なるほど。よく見えるわけだ。

そういや学生時代は国産PC群とおさらばして依頼、英語キーボードを好んで使っていた。
スペースバーがちゃんとついてるやつ。
昔はノートもわざわざ英語キーボード注文して換装してたりしたが・・・。
歳のせいなのかなんなのか。
そういうこだわりが無くなった。
あんまり売ってないしな。

そういえば、国内でエンジニアやってると、どこにいってもほぼ日本語キーボードなんで、手を慣らすために仕方なく使いだしたような気がする。

なぜ日本語キーボードはいつまでたっても、使われないというより邪魔な無変換キーや前候補キーがあるんだか。半角全角もいらない気がするが。CTRL+ESCじゃ何か問題なのか。
稀にそれらのキーをとっぱらったものがあるがスペックやデザインがが悪くて買う気に慣れん。

この専門職しか使わないようなキーがついたキーボードを一般人に押し付けるという姿勢はいつまでつづくんだろうか。
キーボードを一般人が使いやすいようにしたほうを普及品にするべきだと思うんだが。

PCが専門職から一般人に普及して様変わりしたように。
キーボードもそうありたいものだ。
まあWindows Keyも必要ない。ファンクションキーの上あたりにでも付けときゃよかったものを。

というか日本語自体無駄。
漢字とかカタカナとか無駄。
なぜ英語だけじゃないんだ世の中。
2バイト文字とかunicodeとかも無駄。
毎回毎回文字列スキャンするたびに pointer 進めるだけじゃ読めないっつーこの面倒くささ。
どんだけ二酸化炭素消費してるんだか。

2010年10月26日火曜日

4.8インチでフルHD

4.8インチでフルHDの液晶だそうな。

ネタ元

つい最近もタブレットの縦-解像度の足りなさの不満を書いた気がするが、これですよこれ。
でも主に映像関連の業務機器用となるような事が書いてある。

これを搭載したタブレットPCが欲しいぜ・・・。

まあ字が小さくて読めないかもしれないが、それとこれとは別。
でもタッチパネルの精度も要求されるようになるのか。
やっぱ無理か。

PC用途ならもう一回りでかくてもいいかもしれない。

2010年10月25日月曜日

HELLGATE

ネタ元

これってあの Hellgate: London ?
かつて少しだけ遊んでいたのだけど。

ずいぶんキャラが違うような気がする。
リニューアルなのかなんなのか・・・。

かなりマシになった気はするが・・・韓国系のセンスだな。
日本人好みではない気がする。
日本で売りたければ日本人のデザイナーに頼むべきだと思うのだが・・・。
なんでこう手前味噌で済まそうとするのか。
でも面白そう。

FFXIVのキャラってホントかわいくて良かったよなー。
と改めて実感する。
プレイしていないけど。


2010年10月24日日曜日

Windows 7タブレットHP Slate 500

マルチタッチのプログラムのテスト用として、なにかしら導入が必須な状況で。
Flybook も古くなってきたので、そろそろ代わりが欲しいのだが・・・。

HP から Windows 7 タブレットが出るらしい。


ネタ元
http://japanese.engadget.com/2010/10/22/hp-slate-500/
価格は、799ドルらしい。
55000円から高くて8万ぐらいか。


形は好きかも知れない。
裏の凸凹が気になるが・・・。
HPらしからぬデザイン。
正面は無駄も無く、HPロゴのみ。
枠の太さも手で持つ分には丁度良いぐらい。


SSD64GBとのことなので、かなり用途が限られる。
見るからに薄っぺらいので、安価で大容量のHDDへの換装は無理そうな感じだ。
解像度が 1024x600 で、やっぱりというか残念な感じ。

Broadcom Crystal HDは、動画に特化したチップらしいが、軽度の3Dもアクセラレートしてくれるそう。
FlybookもオンボードGPUがなんだったか忘れたが、TES-3 Morrowind は十分遊べたので、これもそのぐらいだろう(根拠なし)。


なんかこう、縦600というのを見ると買う気が無くなる。
Flybook v33i を買う時もかなり迷ったが、他に無かったので仕方なかった。

縦600だとやっぱりつらいというのは、Flybookを長年使ってみて改めて実感したので。
一応回転させれば、600x1024にはなるものの、液晶の仕様のせいか、視野角によって、かなり見づらくなる。

でも続々と縦600のモバイルが登場するところを見ると、みんな気にしてないのだろうか。

Vaio Type-Pのほうがマシかもしれん・・・。

にしても TP235 は 800x600 だったが、当時はぜんぜん問題なかったのは、いったいなぜなんだろうか。

Diablo III

最近 4gamerの Diablo III 関連の記事が連日アップデートされてます。

http://www.4gamer.net/games/008/G000817/index_news.html

BlizzCon 2010 というのが開催中だった模様。
http://www.4gamer.net/games/008/G000817/20101023005/

2010年10月23日土曜日

G線上のアリア

うちのiPodにはG線上のアリアが何曲も入っているのだけど
いろいろあるなかでピエールフルニエのチェロのやつがいちばんいい。
テンポといい強さといい他のじゃものたりん。

ということでお勧め。

2010年10月22日金曜日

シャープがPC事業から撤退

ネタ元
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101022_sharp_mebius/

光センサー液晶パッドの今後の進展が気になっていたのに。
実に勿体無い・・・。

ザウルスの将来も楽しみにしてたんだけど。
SONYのクリエといいザウルスといい。
一世を風靡したモバイルマシンはもう残ってないのでは。
低価格PCの類が普及してしまうと出番はないかもしれないな。

HP200LXは今でも使ってるけど。
このサイズで乾電池2本で動くWindows PCが欲しい今日この頃。

うちのにゃんこ紹介


あるふぉんそ でございます。
オスニャンコです。

実は、昨年7月に他界しました。
人間年齢で100歳ぐらい?らしいので、長生きでした。
ほんと亡くなった時は辛かったです。
けっこう死は経験してますが、このニャンコほど悲しかったことは無いかもしれない。
たぶん、構ってあげれなかったからだと思います。
もっと遊んであげたかったし、いろいろ経験させてあげたかったです。
私もたいした年齢ではないんで、人生の半分を一緒に暮らしました。
なのでまあ、家族みたいなもんです。
死ぬ前日、わざわざ私に会いに来てくれました。
偶然なのか意思なのか分かりませんけど。
最後にだっこしてあげられて本当によかった。

私は生に対する執着心が強いほうでした。
死にたくないと、たぶん誰よりもそう強く思っていたはず。
100年といわず。1000年でも10000年でも生きていたいです。
だけどこのニャンコがいなくなって、死んでもいいかなって思えました。
死んだら会えるかもしれないし。まあ死後の楽しみってやつなのかも。
そういうのが積み重なって歳とると、死んでもいいかなーと思えてくるもんなんですかね。
ということで、生きてても死んでもどっちでもいいと思えるようになりました。
ありがとうニャンコ。


2010年10月19日火曜日

Two World II

前作が、続く感じで終わってたので、その続編なのかどうなのか気になる。
オブリビオンの影に隠れちゃった感じがあるけど。
前作も、かなりお勧めのゲームだった。

ちょうどこれの1を買った時期がオブリビオンとほぼ同じだったので、比較してしまいがちだが。
どちらも一長一短、甲乙つけがたい良作です。

FFXIVもライトゲーマー向けとうたっているが、思い出せばこのTwo World は、装備品の強化がらくちんで、これぞライトゲーマー向けと思った。
同じ系統の武器を重ねるだけでどんどん強化されていく(はず)。

しかしグラフィックスはオブリビオンにも負けない感じで、馬に乗って戦うこともデフォルトでできる。
加速して突っ込んでばつーんとハルバードの音が響いていた気がするが、どうだったか。記憶のかなた。

オブリビオンに比べると若干物足りないが、その後アップデートが繰り返され、オンラインにも対応していたはず。
私が遊んだ頃よりかなり進化しているような気がするので、ぜひとももう一度遊んで起きたいが、まったく時間が無い。

オンラインのほうは、当初、ユーザーの性別によりキャラクターの性別も固定で、MMOカマにはきつい部分もあるが、たしか緩和されたはず。
シングルプレイの後半が、よくわからないまま、ネクロマンシー系の魔法使いとのバトルが作業化してたような気もするが、はてさて。

フィールドでも、けっこう策を立てて戦わないと突っ込んでも勝てないような場合もあって頭も駆使した気がする。

他には、敵が倒れてしばらくすると、その地点にその敵の幽霊が沸くようになって、二度おいしかった気もする。
Oblivion や Fableシリーズみたいに、街の住人といざこざを起こすと友好度も変わったような気がするがどうだったか・・・。

フィールドが広大で何でも出来る割に、メインストーリーがしっかりしすぎてて、突然シナリオに引き込まれるので、つき合わされている感もあったような気もするが。

基本的に街とフィールドはシームレスで、その辺はオブリビオン以上だったと思う。
小物アイテム類を所持したり、飾ったりと、ウルティマオンラインライクなままごとは
できないけれども、戦闘やフィールドの移動なんかに関しては、こっちのほうが上だと思った。


時間があれば、オンラインで遊びたかったが、其の機会にも恵まれず、いつのまにか Two World II の話が。
何とも悲しいような嬉しいような。

ということで2が登場するらしいので楽しみ。
グラフィクスもいっそう綺麗になっている模様。

ネタ元:4gamer
http://www.4gamer.net/games/045/G004518/20101018015/

2010年10月5日火曜日

Panasonic Jungle

Panasonic が MMO 専用の携帯ゲーム機を開発しているらしい。

ネタ元
http://www.gizmodo.jp/2010/10/_jungle_panasonic.html

Google検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=panasonic+Jungle

QWUERTYキーボード搭載で、解像度も高いらしい。
価格は3万~4万円ぐらいらしい。

プロタイプだとは思うのだけど。
妙なクビレや丸みを帯びたデザインがいまいちな気がする・・・。
もっとこうDSとかiPhoneみたいに、運びやすくて、どんなケースにでも入る
デザインのほうがいんじゃないかと思うんだけど・・・。

私としては、高解像度でQUERTYキーボード搭載となると、ゲーム機としてより、PDAみたいなツールとしての期待度のほうが高い。

で。
Battlestar Galactica Onlineが、それの対応タイトルとしてリリースされるんだそうだ。
GALACTICA に最近はまっているので、むしろそっちのほうが気になる。
私は今のところ最初から ファイナルシーズンの10まで見た。
映画版も見たし、古いのも見ました。

Battlestar Galactica Online
http://battlestar-galactica.bigpoint.com/

4gamer記事
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20101005070/