2011年3月31日木曜日

計測終了

若林区の放射線量の測定結果につきまして、事態も改善しつつあるようなので、予告どおり本日をもって測定を終了します。
データは当面の間残しておきます。
グラフを見ると分かるように、宮城県の測定結果や県内の他の方が測定なさっているデータと同様に右肩下がりとなっており、ほぼ同調しています。
(ふれは小さいですがそれは補正の仕方によるものかと思います)

なので、それらを参照すればおのずと若林区周辺の状態も把握できるはずです。

カウンターにUSBバスパワーから電力を供給し、PCでカウンタの光か音を拾って数えるだけで自動化は可能なのですが、ちょうど良い部品もなく、手付かずなので今後の予定は未定です。

strawbery-linuxで販売していたUSBのガイガーカウンターが前から欲しかったのですが、買っておけばよかったと後悔してます。
あれだったらプログラムだけで事足りたのだけど・・・。

ガス近況

まだ来ないらしい。

湯沸かし器を通販で買おうかと思っていたのだけど、注文殺到でどうもさばけていない模様。
いつ来るか分からないので、やめておいたほうがいいかもしれない。

2011年3月28日月曜日

食糧事情

道路や線路が復旧してくれたおかげなのか、仙台市中央部の食糧事情は随分改善した模様。
ダイエーも1時間も並ばずして入店できるような状態で、主要な食品の在庫は十分にあるような印象。

牛乳も買うことができました。
卵もほぼ平常時の値段で売られています。

交通など、ものすごい速さで復旧しているのでびっくりしています。

多大なご尽力に対しまして、 この場を借りて御礼申し上げます。

パソコンの節電

「パソコンを使わない場合、電源を切りましょう」と某CMが言っているのだけど。

触れてはならない難解な問題に、ついに触れてしまったなと思った。

PCを使わない場合に、その都度電源をオフにしたのでは、使い方しだいでは、余分に電力を消費してしまう可能性があります

毎日パソコンを使う可能性の高い人で、かつ、1日に何度もパソコンの電源操作を行う可能性がある場合は、パソコンの電源を切るのをやめ、スタンバイモードを使うようにしたほうがよいのでは? というのがこの投稿の主旨です。

一応、Vista以降のWindows PCでは標準でスタートメニューのシャットダウンボタンを押した場合、スタンバイに移行するようになっているので、多くのPC初心者は知らず知らずのうちにスタンバイしている事になります。
それを考慮したCMかもしれないのだけど、その辺は不明です。

ただし、これに対してさらに待機電力をカットするために、コンセントスイッチで電流を遮断したり、ケーブルの抜き差しを行うとスタンバイは有効に機能せず、毎回起動処理が行われます。

パソコンは電源投入後の処理の電力消費がやや激しいというのは聞いたことがあると思います。

で、スタンバイモードを使うと、それらの処理が行われないので、その分の消費電力が抑えられるはずだというものです。

恐らく、消費電力は、次の順で高いと思う。

1.電源を完全に落とし、その後、通常起動
2.休止モードからの復帰
3.スタンバイモード+待機電力


恐らくと書いたのは、起動と終了を何度も繰り返さないと、逆転する場合もあるかも知れず、断定はできないという微妙なところがあるため、各自で消費電力を確認する以外に、真実を確かめる手段は無いので、鵜呑みにはしないで欲しいためです。

突き詰めれば「1日に電源のオンとオフを繰り返す回数がN回以上の場合、スタンバイモードにしたほうが1日あたりの電力消費効率が良い」というような表現になるでしょう。Nは不明です。

大容量メモリを積んでて、メモリー上限までなにかしらの作業中に、休止モードを使う場合は、1と2が逆転する場合もあると思うので、その辺も計測してみないと分かりません。

スタンバイからの復帰を検出して、動作するプログラムもありますので、この辺も調べなければ細かい事は分かりません。

つまり、すべてのPCがこうだとは言えないのです。


共通して言える事は、読み書きが発生した場合に、多くの電力を消費するということです。

1回の入出力量が多い場合だけでなく、1バイトの入出力でも何万回繰り返すような計算プログラムも同じです。

HDDやSSDのファイルの入出力はもちろんのこと、メインメモリ間や、画面表示のためのVRAMも含まれます。

またスタートアップで起動するアプリケーションの数(というよりそれらのファイルサイズや、それらが物理媒体とメモリー間で転送する情報量またはメモリー同士の間で転送する情報量)が多いか少ないかでも変わってくると思います。

ということでエコを気にしている人は、ファイルやメモリーの転送量を確認してみるといいかも。

(これらはOS標準のパフォーマンスモニタなど、各種モニタリングツールで調査できます)

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1092rbmon/rbmon.html

2011年3月26日土曜日

ガス復旧間近らしい

4月待たずして復旧するとかしないとか。
1年と聞いていたのだけど。
高速道路の復旧といい、ものすごい速いな。

Amazonが復活したら、電気で風呂の湯を沸かす機器を買おうと思っていたのだけど。
買わなくて済みそう。

2011年3月24日木曜日

モバイルコンピューティング

停電中は連絡先の確認やメモなどに HP200LX が大活躍でしたが、最近もいろいろと使ってます。

開発環境が他に要らないというメリットのおかげで、停電中もいろいろと救われました。


長寿命、電源のない環境で使いまくっても、数日は十分に耐えるので、電源心配しなくていいって言うのはやっぱり心強いです。
(普通に使ってれば1週間もつし、単3電池なので、切れても問題ない。)

スマートフォンやPDAだと単純な計算させてるだけでも、マルチプロセスで、バックライトがあるのも手伝ってかせいぜい 1-2時間しか持たず、バッテリーの劣化もあるのだろう。
クロック落として使ってやればいいのだけど、毎回それをやるのも面倒で。


システムマネージャのリプレイスを作ろうと思っていた時期もありましたが、また再開したくなりました。
まあそんな余裕はありませんが・・・。


新品でHPから再販してくれたらありがたいんですけどね。

無理なんですかね・・・。

単純に反射型カラー液晶化したHP-*LX を夢見たものです。

などと思う今日この頃です。

食糧確保

街のほうは割と落ち着きを取り戻してきたようです。

ひさびさにアメ横に行きました。
基本的に街ではファーストフード以外の食品の買い物はしないので。
たぶん10年以上ぶりぐらい。
アメ横は、子供の頃の記憶しかない。

混んではいるものの並ぶことはない状態。

肉を買いに行ったのに、肉屋がどこにあるのか分からず、しばらく探しまわった。
端のほうの建物の中の奥にありました。


野菜の値段は高め。
震災前の倍かそれ以上。
お魚は割りと普通だと思うけど、決まった魚しか買わないので、よく分からない。
まぐろゲット。
いつぞや漁港で買ったのと同じぐらい。

卵もなかったので入手。
卵はあきらめていたけど、付近の偵察中に発見。
(あおば通の三菱東京UFJ前のお店で買えました)
数十分程度の行列待ち。

牛乳は発見できず。
牛乳は、設備がなくて生成できなくて出荷できないらしい。
廃棄する前に、もらえるらしいのだけど。

車はガソリンも無いし、当面使わないことにしたので、もらいには行けない。
ガソリンが余り出したら給油しに行こうとは思っているのですが。


そんな感じ。



2011年3月20日日曜日

近況

昨夜は静かでした。
ヘリも飛んでおらず、緊急車両のサイレンもほとんどありませんでした。

で、家の復旧も完了したとは言いがたいけど。
とりあえず、今日からメインデスクで仕事をすることにしました。

余震が多くてどうにも。
ここまで余震が多いと、この建物いつまで耐えられるんだろうと心配になります。
一応机の上のものが倒れないように対策はとってみたのだけど、どこまでもつのか不明でやや怖し。

効率化を図るためにけっこう狭い部屋にいろいろ積み上げられている環境なので、ここにいるとつぶされてしまうのです。
震災当日、その場に、たまたまいなかったので救われました。
偶然に偶然が重なり救われたとしか言いようが無く・・・。
以前から建物が崩れるときはタイミングを見計らって窓から脱出するつもりではいたけど。
ここにいるとそれ以前に動けなくなるらしい。


私の住んでいるところは、報道では水没したと言われていた区なので、うちも被害にあったと思われた方々がたくさんいらっしゃったようです。
電気と電話の復旧が他より遅かったし、心配かけたようです。
これを読んでいる可能性は皆無ではあるのですが。
申し訳ない。
お気遣いありがとうございます。
無事ですのでご心配なく。

知り合い関係で失われた命もあるようで、しばらく喪に服さなければならぬだろうという思いです。


今日は、HDDのチェックをしないとならないので、目下作業中です。
以前から節電には気を使っていたのだけど、さらなる節電のためというより復旧不可能な部分を切り離し、以前よりネットワークもコンパクトにまとめたので、常時稼動する機材はサーバー用途のネットトップ1台のみで、NASは皆無となり、CVSも利用しない方向で環境を再構築。
電子化したことにより使用頻度の低いプリンターもこの際切り離してしまった。

地震の前日にNASをすべて停止して、ノートからリプレイスのためにバックアップと化して放置されていたHDDを有効活用しようと思って、量販店からHDDケースを買ってきて、開発中のコードやらリソースやらをそのHDDにバックアップをした。


なんとも気まぐれで奇跡に近い行動を取ったがゆえにデータ保守の面で多少の余裕はあるがそのHDD自体どうなっているのかこれからチェックするところで、光学メディアはかさばるという理由で毛嫌いしていたのだけど改めるべきかもしれないと思った。
一区切りついたぐらいに、たまにはやるのですが。
主要なコードとリソースも見た目にはOKっぽいのだけど、これからDIFFをとって欠落が無いか確認しなければならず、まだ安心はしてません。

HDDの類は外見は大丈夫でも、あの衝撃で中身が無事であるわけが無いような気もするので、壊れていた場合、どうするかが問題。
備品が限られているのでどれを優先して再構築するかなど問題が山済みです。

私用のモバイルノートが一番ダメージを受けたので、昨日ようやくHDDをチェックする余裕ができたのでチェックしてみた所、やはりHDDにバッドセクタが結構あった模様。
外見も傷だらけで、タッチパネルにも保護シートを突き破って傷がついてしまった。
これも早いうちにHDDをリプレイスしてやらねばならないのだけど、Amazonも利用できないし、HDD自体が入手できないので損傷のひどい箇所をパーティションをきって回避するなどして我慢するしかない。
量販店は再開したみたいだけど、高いし、同じく被災地なので壊れてるかもしれないし、長蛇の列だろうし、まあ買えないですね。

頭の中はサバイバル後で仕事の事は真っ白な状況。
脳内に展開されていたクラスの連携や未実装のコードも失われ、どこから手をつければいいのやら。
リバースエンジニアリングから入らなければならないという状況。
どのみち集中しないと無理なのだけど、集中できる環境ではないので、どうやって集中するかが当面の課題です。

2011年3月16日水曜日

回線復旧

電気、ガス、水道、電話、光回線がすべてとまっていたのだけど。
光回線は当面復旧しないだろうと思っていたのだけど、チェックしてみたら復旧していた。
こんなに早くに、よくがんばったと言ってやりたい。

ガスを除いてすべて復旧したし、親戚も知人も無事なようでほっとしてます。

ガスはプラントも含めて壊滅状態らしく復旧不能で他県からひかせていただくらしいので1年以上かかるとのこと。


日常から災害対策はしてきたものの、ちょうど食料の保管期限が切れ、消費してしまっていた。
食料は通常MREを2ケースほど常備していたのだけど、MREは某ショップにアクセスできなくなって以来、まとまった数で入手するのが困難だったので入手方法を調査中だった。

なので、まったく食料の無い状態のところに、地震がきてしまった。

家屋が地震に耐えてくれたおかげで、家で生活できたのはよかったのだけど。

配給というのも基本的に存在せず、避難場所に非難している方向けの食料であまったら、いただけるという程度で、おにぎりが運がよければ入手できたという程度。
非難していない人への救済は皆無だったので家族や嫁の分も含めて自力で何とかせねばならず、大変だった。
同時に人間のずるさとか知恵の無さも痛感したわけで、ああはなりたくないなと思った。

で、冷蔵庫が止まっても冬なのですぐには腐らないので、2日分はなんとか確保できた。
近所の大手スーパーなども一部は再開してくれているが、肝心のものが入手できなかった。
で、駅前にいってみたが、5-7時間待ちの行列に並ばないといけなかった。
いままで行列というものは避けて通ってきたので、まあこれほどの行列に並ぶのは初体験となる。
あるいは、行列になりそうな場合は、私はいつも計画的で先頭付近にいる場合がほとんどなので、今回のはかなりの労力を使った。

今回の地震は、我が家では、北東-南西間のゆれが激しく、その方向で揺れに弱いものはすべて転倒、冷蔵庫の扉も全開で中のものもちらばるような状況だった。

また、主要な食器棚は開放防止機構を取り付けていたので、食器類は、ほぼ無事だった。
それ以外では、基本的にたっているものはすべて倒れ、ガラス製品はほぼ全滅。
1F、2Fともにシャープの液晶テレビだけが倒れていなかった。恐るべしシャープ。

開発環境も主要なものには地震対策をしてあったので、被害はそれほどでもなかった。
物はあちこち散らばり手の着けようの無い状態ではあったものの、HDDのラックも転倒しておらず、モニタのやノートの液晶に傷がついたぐらいでHDDも含めて被害はほとんどなかった。
(が、モニタはその後使い物にならないことが判明)
バッテリーは基本的に放置しても自然放電するので、フル稼働で1時間は持つはずのUPSをはずして、家族用の充電器代わりとしたが意外ともたず、1日で使い切ってしまった模様。

倒れるだろうと思っていたものはすべて倒れた。
対策しとけばよかったと後悔。
モニタがないと仕事がほぼできないと思うのでけっこうお先真っ暗。
昔は800x600で仕事したもんだが、今はコードも複雑でユーザーインターフェイスも高解像度なのでモニタが余分に無いと作業が困難。

なんとか清掃も終了し、仕事も可能な状態にはなったと思うのですが、食料の確保が難しく、それにさかれる時間が多く仕事ができないのが現状。

ということで何とか生きてます。

でも金欠なのに他人分の食糧確保しなきゃいけなかったり、これからどうしようって感じ。
芋でも植えるしかないかも。

たくさんの方々が亡くなられた様なので、無事なだけましだと思うことにしている。

皆様の無事をお祈りします。

2011年3月9日水曜日

ザ・ライト -エクソシストの真実

http://therite.pitcom.jp/pc/

自分の顔がポスターになるらしい。
それらが、ちりばめられて1つの絵になる模様。
それ自体は珍しくないと思うが、参加できるというのは面白いかもしれないと思った。

ちなみに私は幽霊より悪魔のほうが怖い。

2011年3月4日金曜日

指輪って面倒

以前は指輪などつける習慣のなかったが、結婚して以来欠かさずつけている。
外すのは風呂に入る時と手を洗う時ぐらい。

最近痩せたせいか指輪が緩くて抜けそうになる。
なので、あちこちで気を使わなければならなくて面倒。

お手洗いとかゴミ箱とか指輪以上の大きさの穴がある場所では、落としそうで変に緊張するし、キーボードを叩いていても違和感があって集中を欠く。

仕事柄、頭をフル回転させて知恵熱が出るぐらいの超集中しないといけないような場面が多々あるのだけど、そういう場合は指輪を外すと負荷が取り除かれ、リミッター解除的な効能が若干あるような気もする。
気合を入れる、あるいは気分転換のような。
なのでメリットがまったくないわけではないと思うことにしている。
日頃から負荷がない方が長期的な効率は上がるかもしれないが・・。

サイズ変更も考えていて。
指輪詰めるのっていくらかかるんだろう。
いったい何日待てばいいんだろう。

などなど面倒だなー、と思う今日この頃。