2012年12月30日日曜日

まち楽 の 広告メール

まち楽から広告メールが届いた。

最近買い物はしたが、メルマガ関連に登録した覚えないんだが。

手落ちがあったとは思えん。

一応チェックしてみたが全て購読しない設定になっていた。


この「まち楽」だけは、意に反して届いている人が多いらしい。

こんなだから、楽天は嫌われるんだと思う。

まあ Yahoo もなんだか怪しいが。

1~3ヶ月に1回くらい、配信停止の作業をしている気がする。


2012年12月24日月曜日

Amazon がすごい。


11月頃に食器棚が必要だったので Amazon で購入しようと思ったのだけど。

Amazon の在庫がなかったので、マーケットプレイスで発注する事にした。

数千円高くなるが致し方無いと思い、在庫を確認した上で注文。

その後、在庫ありの表示だったにも関わらず、在庫が無くて、当初の発送予定日に間に合わなかったので自動キャンセル。

発送予定日が12月上旬なので、すでにこの時点で、随分と時間が経過。

仕方ないので、さらに高くなるがマーケットプレイスで別の店に注文。

それも在庫有りって表記だったのに、在庫無し。

この店は、入荷が1月中旬以降になるがいかがいたしますかとご丁寧にメールがあったので、キャンセル。

んで仕方ないので、Amazon で在庫なし入荷時期未定になってるけど、いつになってももう良いやと思って Amazon に注文。


その後数日で、在庫確保→今日届く。

ということで、Amazon すごすぎる。
諦めていたのに。

しかも当初の価格どおりに安く済んだ。


たまたまキャンセル分が入ったのかもしれないけど・・・。

どっちにしろ、ありがとう Amazon。



Android (4.0.4)のギャラリーとメディアストレージ

よく聞かれるのでメモ。
この情報は無保証、各自の責任でご利用ください。




ギャラリーがおかしくなった場合、ギャラリーの更新だけでは正常に戻らない。

コンテンツマネージャを開いて「アプリケーション設定」の「情報更新」によってそれらが改善される。


それで正常に戻らない場合は、ギャラリー等のキャッシュのクリアを行う必要があるが、それだけでは正常に戻らない。


メディアストレージサービスのキャッシュを削除し、再起動する必要がある。
(再起動は任意。各種データが使用中である可能性もあるので再起動を推奨する)

さらに、写真などがたくさんある場合は、メディアストレージサービスの処理が完了するまで数十分~1時間程度かかる。

その間、ギャラリーにアクセスしても写真が表示されなかったり、一部の写真しか表示されなかったりすると思うが、メディアストレージサービスの処理が完了すれば、きちんと表示されるはず。


手順としては、メディアストレージサービスを一旦無効化したほうが良いと思う。
勝手に動き出してしまうので整合性に問題がでてもおかしくない。
(ギャラリー等がメディアストレージサービスを参照する前に、ギャラリー等のデータ消去を行う必要がある)

(1)「端末設定」の「アプリケーション」から「メディアストレージサービス」を無効にして、キャッシュをクリアする。
(2)以下のもののデータを「端末設定」の「アプリケーション」からデータ消去またはキャッシュをクリアする
・おまかせアルバム (sharp製のみかもしれない)
・ギャラリー
・音楽・動画
・コンテンツマネージャー
(3)再起動
(4)メディアストレージサービスを有効にする。
(5)android.process.mediaが落ち着くまで待つ。
(数十分以上待たねばならないので、電源に接続しておいたほうがよい)

これによって写真などのファイル自体が削除されるという事は恐らく無い。
消えたという報告があるのは、他の事情な気がする。
(私はソースを見て言っているわけではないのでその辺は各自の責任で。)

写真のサムネイルは存在していたが、写真の実体であるファイルのほうが既に削除済みで合ったというようなものは失われる。
こういう状態の端末もしばしばある。

処理中、端末左上の通知エリアに更新中のアイコンが出る。
メディアストレージサービスの作業が完了したかどうかは、そのアイコンが消えたかどうかで判断できる。

または、その他の設定 - 開発者向けオプション - CPU使用状況を表示で

android.process.media

が上位から居なくなれば完了したと言える。
アイコンが表示されない場合もあるので、プロセスの状態を見たほうが確実。

(ちなみにタスク一覧表示系のアプリでは表示されない場合がある)

ちなみに .nomedia が有効に働かなくなった場合も、この方法でメディアストレージサービスの情報をゼロから再構築してやれば正常に機能する。

一旦、この作業を行えばしばらくは安定するはず。


メディアストレージサービスに依存しないアプリで写真の削除などを行った場合、メディアストレージサービス側がそれに追従しない場合が多々ある。

QuickPic 等はメディアストレージサービスの処理を呼び出してくれているように思うが、やってないアプリも多数あるので不整合が発生する。


とりあえず、コンテンツマネージャの「情報更新」、それで駄目ならキャッシュの再構築という感じか。

以上。

Gmail のアカウントのインポートで嵌った。



「お客様のアカウント ・・・ に、サイズに問題のあるメッセージが見つかりました。このメッセージはサーバーに残されます。今後とも Gmail をよろしくお願いいたします。」

と、Gmail のアカウントのインポートで嵌ったのでメモ。

以前より Google Apps 用と普通の Gmail アカウントで運用していて、Apps 用に転送していたのだけど、そのアカウントを閉鎖して普通のGmail に一本化しようと思った。


転送設定をしていると無限ループに陥るのでなんらかの回避ロジックが組み込まれているはずなので、「メール転送とPOP/IMAP」の「転送:」に移行先のアカウントが指定されていないかチェックし、指定されているので解除。

このぐらいは思いついたので事前にやっておいたのだけど。

その状態で取り込めないメールが数百件あった。

1個なのか数十個以上なのかわからないが、エラーの後のメールの取り込みは全て失敗している感じで、ある日以降のメールは全て取り込めていなかった。

転送関連のエラーチェックがまだ働いているのだろうと考えたのだけど・・・。

「メール転送とPOP/IMAP」の「転送:」を解除しただけでなく、同項目の転送先の選択の一覧にそのアドレスが含まれていたので、それを削除。
(一度設定したアドレスは後に選択可能なようにプルダウンに含まれている)

それでも失敗。

転送を無効化していても、移行先のアドレス宛てのメールは取り込めないのだろうと思ったので、移行元から、それらを一時的にゴミ箱に移動。
POPサーバー経由で取り込んだものも削除。
(それらは元々移行先には存在するので必要ない)

ここまでやって数十件を残して、インポートが成功。

残りの数十件も転送されたものだったが、移行先から転送されたものでは無いにもかかわらず取り込めなかった。
とはいえエラーが出ててはいても、それ以降のメールは全て取り込めていた。

エラーが少ないと続行されるのかもしれない。
とにかくエラーメッセージの情報が少なすぎて、ようわからん。

転送自体だめなのかというと、そうでもなく成功しているものもある・・・。

ということで、インポートできないメールがあったら、転送がらみでないか疑ってみると良いかもしれない。

他に

・スレッドの作成が有効になっていると場合によっては失敗する。
・ exe が添付されているメールが含まれていると失敗する。

という情報もあったが、今回のケースでは関係無かった。

まとめ

・「メール転送とPOP/IMAP」の「転送:」に移行先のアカウントが指定されていないかチェックし、指定されているので解除。
・「メール転送とPOP/IMAP」の「転送:」を解除しただけでなく、同項目の転送先の選択の一覧にそのアドレスが含まれていたので、それを削除。
・移行先のアドレスから転送されたメールをゴミ箱に入れておく。
・移行先のアドレスからPOPで取得したメールもゴミ箱に入れておく。

とここまでやってスムーズに取り込めた。


こうごちゃごちゃすると Android 端末とのGmailの同期にも問題が出る模様。

PCのブラウザで Gmail 開いて、一旦ゴミ箱に削除し、Androidで同期。
その後、PCのブラウザで受信トレイに戻して、アーカイブすればOK。


以上。

補足

・ゴミ箱に入れる前に、ゴミ箱を空にしておくか、タグを付けておくと戻すときに便利。


・メールは日時でも検索できる

  after 2011/01/01 before:2012/12/01
これとfromやto等の情報を組み合わせれば、いつから取り込めていないか等は特定可能。
 


Merry X'mas



参考:
  http://kids.eonet.jp/material/paper01/

仕様
  高解像度テクスチャ
  迷彩 US WOODLAND 仕様

2012年11月27日火曜日

マジックボール故障

マジックボールの修理を行った。

旧型。5年近く運用。

2台あるがどちらも故障。

壊れやすすぎ。

うち1台は、買って数ヶ月で故障し、交換してもらった。

が、それもまた故障。2台で計3回故障で運用休止中だった。
数年で壊れたので、2-3年使ってない。

最後の故障は、たぶん雷のせい。

けして雷が多い地域というわけではないが、夏場の雷の多い時期にUPSに繋がっていないIT機器がいくつか壊れた。10年以上前の話。

それ以来雷サージ対策を順次導入していったのだけど、家電に使われるコンセントにまでは手が回らず、その結果壊れたものと思う。
(今では9割対策済み)

マジックボールはIT機器ではないが、まあ落雷の直後に故障しているので、原因としてはほぼ確実に雷であろう。

故障したまましばらく放置していたが、必要になったので修理を行った。

露出した基板は全て湿気対策のためかコーティングされている。

分解してみるとモーター上部に黒い箱状のものがあり、その中に制御チップとリレーが収められている。

まあブラックボックスっぽいが中身は大したことはない。
箱は破壊しないと開封不可能。
なるべく損傷を抑えて開封し、修理後グルーガンなどで密閉すればOK。

コンデンサの類は正常、はんだ不良もとくになかった。
リレーも単体テストを行ったが正常に動作。

どうもチップが故障していたらしく印字もなく型番も不明なので、リレー制御を行う緊急回路を作成し補修。
最初から作りなおしたほうが早い気もしたが動けばいいし、まあOK。
LEDは点灯しなくなってしまうがまあ致し方ない。
リレーの直結だけでもいいかと思ったが、まあ、たぶんどっちでもいい。

国内のメジャーなメーカーの製品、冷蔵庫とか洗濯機は、雷で壊れたことはないのだけど、海外製品はどうも雷に弱いらしく、雷サージ対策の手を抜くとほぼ確実に壊れるというのがうちの環境。

ちなみに対策してからはIT機器関連の故障はほぼ皆無となった。

とくに最近の機器は小型化されているせいか壊れやすいように思う。

ということで海外製品を使う場合は雷サージ対策のお勧め。


2012年11月26日月曜日

CS-WMV03G

Pci ( Planex ) の CS-WMV03G と Android のお話。

元々、IE 限定でかつActiveX利用(HTTP or UDP でストリーミング)という仕様。
まあ時代遅れ。古いし。

自前のウェブサーバーのセンサーコントロールシステムのデバイスのコレクションに追加するには解析等々それなりの工数がかかるため、お蔵入りしていた。

なので、ほぼ買ってそのまま眠っていたのだけど・・・育児的利用のために最近復活させた。

当時、私的にサーバー+ウェブカメラを基盤としたホームセキュリティを構想していたので、それとは別にスタンドアローンで動作するものが欲しかったのだと思う。

で。

Android からアクセスできるアプリが無いか探してたのだけど。

Net Eye Camera
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.safe500.neteyeFree2&hl=ja

が使える。

対応機器一覧にはないが、DLink DCS-5300 Series を選択すれば動作する模様。

ちなみに、Pciの型番近い機種は対応機器の一覧にはあるのだけど。
なぜか WMV03Gは無い。
そっくりな Vivotek PZ6114 も無い。

このアプリは検索機能で機種の候補を絞ってくれる。
あとは地道にテストをすればOKなだけなのだけど。
大した手間もかからず見つけることができた。
ありがたや。

Wi-Fi、3G ともに快調。
LAN,WANともにテストしたが問題なし。
パン等も可能。
プリセットは使えない模様。

ということで私と同じように面倒で諦めていた人もいるかと思ったので書いてみた。


ちなみに。
カメラ本体の設定まではできないとは思う。
導入したてなので、まだ試してないけど。

予めWindowsのIEでカメラ本体の設定ページ開いて、ユーザーアカウントとか権限は追加しておく必要が有る。
まあ、どうしても Android から設定しなければならないというのなら、たぶん telnet 経由でやればOKだと思うけど、どこまで触れるのか詳細不明。

広告なしへの Upgrade は 313円でした。


2012年10月31日水曜日

USB to RJ45 and A to Micro B


3時間に1度起こされる今日この頃。



最近作ったもの各種。

USB to RJ45 変換。
プロトコル的にではなくハード的に。
売ってるの見かけないけど、やってる人は結構いるはず。

結線は適当。(8-4+ケース)でLAN側は3本あまる。
色を合わせてケースにも1本割り当てるのみ。
(ケースがつながってないと通信できない端末があるようで。その対策)

これにより、その辺に転がっているLANケーブルでUSBの延長ができる。

フラットタイプのLANケーブルは無理だった。
撚り線、単線共に 1.5メートルでテストし、使えることを確認。

最近、市販でもあるらしい。
間違ってクロスを使ってしまわないようにする注意は必要・・・。


USB A(M) - A(M) と A(F) to Micro B (M)


上も下も機能的には同じ。
通信と充電で配線の切り替えがスイッチ1つでできるのは便利だと思う。

上のは配線をジャンパーでフルカスタマイズできる。
USBの配線を変えねばならない自体に遭遇する事自体レアだけど、いろいろと調査に使える。
よくある100円均一の適当な配線とか、スマホの配線とか、2本しか結線されてないケーブルとかいろいろ再現できるので便利。
場合によっては補助電源をつなぐことも可能。
変わったことするにはブレッドボードに使うような長めの線材が必要にはなるが・・・。

こういうものがあってもいいと思うんだけど、売ってない。

A(M)-A(M) は普通に売ってる。
充電専用とかでかつ時代遅れとなったUSBケーブルを捨てるのが勿体無いので流用。


2012年10月19日金曜日

うーまーれーたー

一応書いておくか・・・。

子供が生まれました。

母子共々元気。

お疲れさん。

子育てブログにする気は今のところなし。

2012年10月2日火曜日

[EN]Diablo III Account Locked - Action Required

diablo@email.com からメールが来た。

メールアドレスがどう考えてもオフィシャルだとは思えない。

偽物だと思う。

関連
http://us.battle.net/d3/en/forum/topic/6489930256

うちにきたのも全く同じ内容。

ご注意あれ。

2012年9月6日木曜日

Origin

BF3 がやりたい。

一応、持ってるんだけど。

マルチディスプレイ関連で、GPUドライバに不具合があるのでインストールをしていない。

一度遊んでアンインストールしてそれっきり。

またやりたくなった・・・。


そういや Origin って Ultima Online の開発元も同じ名前だった気がするんだけど。

関連有るんだろうか。

www.owo.com にアクセスすると www.uoherald.com に飛ばされる。

んで origin へのリンクが張ってあるので関連があるように思う。

いつの間に Origin ってこんなんなっちゃったんだろう。

やっぱ UO だけではやっていけなかったか。

そういやOrigin と EA の関係ってどんなだったか・・・。

忘却の彼方。

「EAストアは Origin となりました」

なんとまあ・・・。Origin という名前だけ持ってかれたようにしか見えんのだが。



あの頃って古き良き時代だよな。

EQ といい UOといい。

今より楽しかった。

ちなみに日本のUOはこういう状況。

http://ultimaonline.jp/

なんかこう・・・威厳を感じなくなったな。

昔は羊皮紙っぽい背景で世界観が全面に出てたんだけど。

ワクワク感もまるでなくなった。




2012年9月4日火曜日

やる気がでない

やる気がでない。

・コーヒーが足りてない。

・環境的要因

最近どうもコーヒーが足りてない。
あんまり飲んでいないのだ。

昔は水代わりに飲んでいたと思うんだけど。

なので、コーヒーは飲んでみたが即効性はなく1時間後ぐらいから約1時間程度集中できる。
コーヒーのおかげというより単なるリフレッシュ効果にすぎない気がする。

どうも腕が疲れるらしく、慢性的な疲労につながっている。

デスクが狭く腕がデスクに乗っかりきっていないのが原因のように思う。

キーボードを叩いていても15分もすると腕が疲れてくる。

昔の環境は奥行きが今のデスクの2倍はあったと思うんだけど。

横幅も微妙に足りてない。

と書いている最中も腕が辛い・・・。

これはいかん・・・。

現在の環境を再構築するのに1年以上かかった。

また最初からやり直すのは、どうにも気が引ける。

要するに失敗。

どうするかな・・・。

2012年8月29日水曜日

Metro UI と LCARS


Metro UI って LCARS化もあっさり可能なのではと思う今日この頃。 

しかも、見た目だけでなくデータ可視化の工程や、GUIのパーツの再配置が可能な点など特徴も似ている。

今まで LCARS を模倣しようとしても、コストを掛けない限りは、見た目ぐらいしか似せることができなかった。
また、アプリケーション毎、機能毎に画面のデザインとリソースの作成を行わなければならないため非効率的な開発手法を取らざるを得なかった。

Metro UIは、そのままで LCARS 的特徴を持っているので、見た目をLCARSに似せるだけで LCARS になってしまう気がする。

データを流しこむだけで、画面構成を自動的に作成し、可視化し、さらに操作パネルがつけられ、場合によって固定の画面構成を任意に定義、再利用するというのがLCARSだと思うのだけど、Metro UI はこれに近い。 (STARTREK TNG のウォーフの発言などが根拠に独自に妄想)

基底に近い部分の実装の変更さえできれば、並びもLCARSっぽくできるのではないかと思うのだけど、まだ何も作ったことがないので詳細は不明。

2012年8月28日火曜日

Appleプロセスを終了させるスクリプト


そんなこんなで iTunesを実機にインストールしたので無用なプロセスの制御が必要になった。

サービスマネージャから関連サービスを終了させて手動に設定。
ちなみに、iTunes や iPod はこれらのサービスが必要なので無効にしてはならない。

プロセスが動いていなくとも、iTunesを起動すると復活するので、普段プロセスが動いている必要は全くない。

で、iTunes を使って終了させた後、毎回プロセスを探しては終了させるのが面倒なので、スクリプトが必要になる。

kill_apple_process.vbs などの名前で保存して、クリックして利用すればOK。

ちなみに iTunes稼働中は、プロセスを終了させてはならないので注意。

以下そのスクリプト。

Windows 用。 要WSH。

Dim procs,proc,wsh,apps,app

apps = Array(_
"mDNSResponder.exe", _
"iTunesHelper.exe", _
"AppleMobileDeviceService.exe", _
"iPodService.exe")

Set wsh=CreateObject("WScript.Shell")
For Each app In apps
  Set procs = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}").ExecQuery("select * from Win32_Process where Name='" & app & "'")
  For Each proc In procs
    wsh.Run "taskkill /F /IM " & proc.Name
  Next
Next


プロセス名が増えたり変わったりしたら冒頭のArrayで追加したり変更すればOK。

ご利用は自己責任で。

以上。

-
2012/09/05 bug fix

iPod Classic のアップグレード と VitrualBox



先日 iPod Classic のガワが汚いので交換した。
傷とかヒビとか見るに耐えない状況だった。

20年以上前にパーツ屋で買ったであろう、加工が前提のリモコンのケース的なものが役に立つ時が来た。

iPodの中身を取り出してはめ込んだ所、基板がジャストフィット・・・。

日頃の行いなのか何なのか。

オリジナルより持った感がナイスで、ODで塗ってでっかいアンテナでも付けたくなるような雰囲気が。


Appleっぽいシールが見つからなかったので、にゃんこシールに。
なので、にゃっぷるに・・・。

で。

ひさびさに iTunes と同期を試みるも、iPod本体ファームのアップグレードを要求される。

想定内なので、アップグレードを実行。

アップグレード完了後、「復元が必要です」的なメッセージが出て、iPodの復元を迫られる。

まあ想定外。

ライブラリの移行がくそ面倒な iTunes を何とか簡単に使うべく、うちでは VirtualBox上から使っていたので、たぶんその辺でおかしくなったのだろうと。

iTunesを開発機で使うために、VMのボリューム自体を、最近ゲームマシンから開発機に移行したので。

そのせいもあるかと思う。

うちはiPodはPC側のiTunesのクローンに過ぎないという認識で使っているので、iPodの中身が綺麗さっぱりになるのは別に構わない。

なので、ケースも綺麗になったし、使い込まれたiPodのデフラグ代わりに復元でもしてやろうかという気になる。

その後、復元が完了しても、「リカバリーモードになっています」的なメッセージがでて何度も復元を迫られる。

iPod のアップグレードを行うと、一旦勝手にUSB接続を解除されるので、それが原因かもしれない。

VMではUSBを接続するには、実機で認識後、VMのウィンドウの右下のUSBアイコンをクリックして接続を手動でしてやらなければならない。
その前にホスト側で一旦認識される事に問題があるような無いような。
一応ホスト側でデバイスを無効にしてもVM上からは認識できる。
試してみたが変わらなかった。


何度やっても復元ループから抜けられず、仕方ないので、iTunesを実機にインストール。

ライブラリの移行をVMからホスト側の実機に行う。

で。保護付きAACもたくさんあるので、iTunesでPCの認証を行う。

VM上のライブラリは実機のHDDを指しているので、まあ複写と移動は不要。

My Documentsのプレイリスト等をVM上のMy Documentsから複製して、iTunesからライブラリ位置を変更、一旦終了させて iTunesを起動しなおせば、そのまま動く。

で。

復元したら直ってくれた。


ということで VM 上から iPod をアップグレードする場合は注意というお知らせ。

未だに iPod Classic 使っている人もいないかもしれないが・・・。



そんなわけで。

ファームを RockBox にしたいのだけど。悩み中。

うちのカーナビが iPod と連携するタイプので、カーナビ側からプレイリストの操作等が出来なくなると困る。

RockBox側で iPodのインターフェイスのプロトコル的な部分もカバーしてくれてるとありがたいんだけど、そういう情報って無いみたいで。

試すしか無いのかも・・・。


いい加減新しいの欲しいんだけど。

嫁に iPod Touch を買ってやったのもあるんで。

なんか自分のを買う気になれない。

できれば ZUNEとか買って、脱iTunes したいんだけど・・・。

カーナビを買い換える余裕は無い。


2012年8月27日月曜日

新しいスマートフォンが欲しい

新しいスマートフォンが欲しい。 最近 Android の開発にも慣れてきたんで、それしかないと思うんだけど。 SH-09Dが欲しいんだけど。無いらしい。 だから SH-10D しか無いと思うんだけど。NOTTV は必要ない。 どーするかや・・・。 Windows Phone ってどうなんだろうなー。 開発楽そうなんだけど。 プログラムの移植とか過去資産の移行も楽なはずだけど。 どうも普及するとは思えない感があって、WM6みたいに廃れてしまうと、Androidに移行した時みたいな過去資産の移行のために随分と時間がかかってしまう。 まあ、iPhone は無い。 開発するために環境揃えたり、あるいは作ったりする手間が面倒くさそう。 それに私は 30GB の iPod 使ってて iPhone に移行するのが不可能なのが難点。 iPhoneはたぶんこの先も潰れることは無いだろうし、進化しても基本は変わらないだろうから、移行の手間とかは必要なくて、楽ちんなのかもしれないけど。 現時点での移行のコストがとてつもなく私には大きい。 悩む。

2012年8月10日金曜日

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800


キーボードを購入したので私的レポート。
発売したのはかなり前。


昔の私は基本的に Logicool しか買わなかったのに、最近はあちこち買っていたような気もする。
元の鞘に納まった感じ。


で。
半月ほど使ってみたのだけど。
私的な感想なので gdgd。


Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800




スペック。
ワイヤレス、充電式電池、USB給電、ライトアップ、自動消灯、109キー日本語レイアウト(かな刻印無)。

上部のファンクションキーも大きめで使いやすい。(Fnキーではない)
特別なキーは特に無く、Fnキー+ファンクションキーでライトアップの制御や各種便利機能にアクセスできる。
キーボードが定位置にない場合でもキーが光ってくれるので分かりやすい。
ファンクションキーも迷わずに押せる。

ワイヤレス接続には、Logicool専用のUnifyingレシーバを採用しており、同社製のこれに対応した複数の機器を接続可能。

以前から同機能対応のマウスを使っていたので、このキーボードを使うとUSBポートがひとつ空く。

充電式電池採用で、メーカー仕様によると最大10日程度と、あんまり持たないらしいのだけど、私の使い方だと、10日以上に意外ともつ。
コーディングが主なのでかなり使ってるとは思うんだけど。
考えている時間も長いせいか打鍵数は意外と少ないのかもしれない。

打鍵の音は結構小さめでストロークも見た目よりある。 昔ながらのメカニカルに慣れていた人でも打鍵の感触を感じ取れる。

ライトアップは3段階で、キーボードの上に手が無いと自動的に消灯する。
この感度が良くて、手を離すと数秒で消灯する。(点灯時間は設定次第)
設定でキーボードを押すまで光らせないようにする事もできる。



Unifyingレシーバなのだけど。キーボードとマウスで計2個所有する事となった。
しかし、使うのは1個なので、そうなると他のPCに1つ付けて、切り替えて使いたいと思うようになるのは自然な事かと思う。

方法がないか検索してみたのだけど・・・無いらしい。
公式で対応してくれてもよさそうな気もするのだけど。
そんなに難しいものだろうか。

作れそうな気もしたので、ちと作ろうとしてみたのだけど。

ハマリ中・・・。

もしかしたら、Uniyfing自体の制御も可能かもしれないけど解析は行なっていないので、単純にタスクトレイに常駐するアプリケーションを作成、winsock と SetupAPI等で制御しようと思った。

で。
キーのコンビネーション押下で、TCP/IPで2つのPC間で通信し、デバイスの無効化と有効化を行おうと思ったのだけど、どうもキーボードデバイスというのが他のデバイスと同じ方法では無効化できないらしく、うまくいかない・・・というより方法が分からない。

ということで、保留。
誰か作ってくれないかな・・・。

2012年7月22日日曜日

Skyrim で 道中に出会った傭兵さん



たまには Skyrim ネタ。

Skyrim をプレイしていると、たまにこんな事が。



出会ったのはドーンスターの南。

傭兵:「その辺りでなにやら事件がおきたと聞いた。調査に向かうところだ」

だそうな。

クエストが始まるわけでもなく、話しかけるとただ同じ台詞を繰り返すのみ。




ただのNPCの固定の台詞なのか、それとも実際に何かがあるのか


気になったのでついていってみる事に。




行き先が分からないのでマップで飛ぶことも出来ず、ひたすら歩く。






途中、砦などがあると戦闘が始まって死んでしまうかもしれないので

先回りしつつ脅威を排除したり、援護したり。







かなり遠い。




どうやらこの座礁した船の事を言っていたらしい。



傭兵さんは、どこかへ帰って行きました。

へぇー。こんな演出があるのかと、ちょっと感動。

それだけ。

2012年7月16日月曜日





PSO2の話。

波紋がきちんと描写されている。
草むらも若干動くみたいだし。
すばらしい。

草の背丈がプレイヤーよりも高い場所もある。
今まであるようで無かったと思うのだけど。
MMOのフィールドとしては珍しいと思う。
(厳密にはMMOとは言い難いが)
草はソード系のウェポンなどで刈る事もできる。

んで。
しばらく遊んでみたんだけど。
高低差の扱いがやっぱり硬い(ぎこちない)気がする。
やっぱりサーフェスとの衝突判定が日本固有の手法で行っているような印象をうける。

他にUIがコンシューマー機を意識しているためか
PCユーザーから見ると最悪の部類に入ると思う。
PSO2に限らずこの辺は日本のゲーム業界の課題のように思う。

PSO2 は携帯ゲーム機(PSV)とタブレット機にも対応するらしいのだけど・・・。
よくやるよ・・・。

メニュー項目とデータとGUIデザインを分離してしまえばいいだけだと思うのだけど。
PCとコンシューマ機、タブレットで同じGUIを使う必要は全く無いわけで。

まあいいけど。

2012年7月12日木曜日

匍匐(ほふく)前進




PSO2 のレンジャーの話。

機能ボタン押下中、匍匐前進し、離すと射撃をする。

PSO を FPS と思ってはいけないんだろうけど。

障害物に隠れることはたぶん出来ないとは思う。

Operation Flashpoint の敵陣にもぐりこんで書類とってこい的なクエストがあるなら未だしも、無いみたいなのでスニークの必要性も余り無いんだろうとは思う。

それにしてもこれをよくぞ実装したなと・・・。

スニークしつつスナイパーを演じることができる可能性は与えてくれたわけで。

もう少し有効活用できると楽しいかもしれない。

--
PS
(意外と使える事が判明)

2012年7月11日水曜日

DIABLO3 成長とともにかわいくなくなる装備



Demon Hunter。

SS眺めていて、そういや前はもっと小奇麗な格好してた気がするなーと思ったら、その通りだった。

装備アップグレードすると、どんどん可愛くなくなっていく。

まあ確かに強そうには見えるが・・・。

もう少しかわいい装備が欲しい今日この頃。

最近は Wizard ばかりなのだけど。

その Wizardで、Inferno の ACT2 の Ghomが倒せない。

Demon Hunter の時は、割とすんなり Inferno の DIABLO まで行けたのだけど。

この Ghom 。 その時、どーやって倒した(倒された?)のか不明。

私は、スタンとHP削る以外、けっこう人任せだったので。

いつぞやのパッチの後で強くなったような気がしないでもない。

毒霧はかれまくって居る場所なくなって全滅というパターン。

しかもこの毒霧が中々消えないというより、全く消えない。

というよりも、消える前に全滅しているだけかもしれないが。

果てさて。

参考:

Diablo 3 Act 3 Inferno Ghom Kill

http://www.youtube.com/watch?v=rVZxwbRXePg


2012年7月10日火曜日

MMOのジャンプ



MMOのジャンプについて語りたくなった。

ジャンプが FF XIV でも実装されたらしい。

PSO2 といい、日本のMMOは最近ジャンプというのをぼちぼち取り入れるようになってきたように思える。

間違いなく私が言ったからというわけではないと思うが、ジャンプができないんじゃねーと思ってる人が結構いて、それらの人々がフィードバックした可能性はあると思う。


ジャンプというのは奥が深い。

この場合のジャンプというのは、ゲーム中プレイヤーのキャラクタがスペースキーなどにより、地面から飛んで、一定時間高度が上昇し、その後自由落下で地面まで落ちてくるというもの。

私的なんだけど。
その本来の仕様、飛んで落ちる事だけに特化したものほど自由度が高く面白く感じる。
マップやゲームエンジンの仕様に制約されてジャンプできる場所や範囲が限定されたものほど飽きやすかった・・・ような気がする。

かつての米国産の有名MMOタイトルは、ジャンプの仕様を探求するわけでもなく、単純にジャンプというものを実装しただけのものが多かった(と思う。
(EverQuest, Asheron's Call 等)


それはシンプルに、高度が上がり時間とともに重力あるいはそれを意識したなんらかのパラメータで一定の時間で落ちてくるだけというプログラムだったと思う。



日本とかアジアはこれが苦手なのかどうなのか、10年前は皆無だった。


やったとしても地面との当たり判定をやっているとは思えず、高低差をマッピングした情報(XとZが決まるとYも自動的に決まる)を用いている、あるいは 全マップY 固定で、ジャンプしたらそのYから離れて、しばらくしたらもとの値に戻すだけという、息の詰まるようなぎこちなさがあった。


今日のジャンプの実装も、そういった初期の仕様を改善した延長線上に実装されているような印象がある。


自然なジャンプをするには高低差をマッピングした情報だけでなく、地面のポリゴンとの衝突判定が必要で、それをやるかやらないかで、自由にジャンプできるかできないかが決まると思ってよい。



日本に限らず、米国以外どうも苦手らしく、それを試みるも地面をすり抜け落ち続けるバグがあるとか、レベルデザイン上の地面を通り抜け、仕様上の最低の高さまで落ちるというバグがあるものも。

一応私も業種は違うけど開発の人なのだけど、この辺の仕様は最初から考慮してないと後々面倒なことになると思うのだけど。

つまりは、元から会社にあるジャンプできないゲームエンジンの機能改善を繰り返しただけでは困難で、開発の初期のゲームエンジンのプロトタイプ作りからやりなおさないと駄目なんだろうと思うわけ。


なのでここは1つ過去資産を捨て去り、物理演算を考慮したエンジンを最初から作りなおす必要がある場合多々あるんではないかと思う今日この頃。

にもかかわらず、アジアのMMO業界は、どうも過去資産を生かしつつ、無理してその困難を乗り越えました的なゲームエンジンがあふれている気がする。
(リバースエンジニアリングした分けではないので、気のせいかもしれないが、そのように思わせる何かがある)



で。

ジャンプのメリットはなんなのか。

米国産のあるMMOは、ジャンプ能力もスキルや装備などにより強化することができて、より高く飛べるようにもなる。

ジャンプのほかに空中浮遊系のスキル・魔法や装備もあるわけで。マップの移動に関して、高度の面で自由度の高いものが多い。

なので、そこまで広いマップでないにもかかわらず、人気のない場所というのがある。

つまりは、ジャンプを駆使しなければいけないような場所というのがあり、そこが絶景だったりする事もある。

場合によっては、天球のテクスチャの頂点が見えてしまうような不可思議な場所にさえ行けてしまう事もあり、バグと紙一重で想定外となってしまうわけだけど。

こういった仕様は、あらかじめマップのレベルデザインで、こことここをジャンプで登らせようと考えていたわけではなく、高低差がたまたまジャンプで乗り越えることができたという印象。

そっちのほうが自由度が高くマップのあちこちを見て回れるし、設計者が考えもしなかった想定外の場所に行くこともできて楽しかったと思うのだけど。

そうなると、ハマる場所にはハマり、動けなくなる。

もちろん、そうなる事は想定されている。(最初のころは想定されてはいなかったが)

そういう場合、GMコールあるいは「続行不能な場合に安全な場所に移動させてくれる機能」などを用いて退避が可能。

で、多発すると定期アップデートで見えない柵が設定される。

なので、ジャンプを正しく実装するという事は全体的な完成度は下がる気はするものの後々で対策も可能。

国産のゲームは、ゲームとしての完成度を追及する傾向が強いためか、こういう想定外というのを好まないような印象を受ける。

最初にこの柵を設定してしまうというよりレベルデザインそのものが柵で構成されている印象が強い。

まあいいんだけど。


そういえば飛べるMMO的なキャッチフレーズで登場したゲームもあった気がする。
私は遊んだわけじゃないんだけど。
おそらくそれは、そういうのを見直して、プレイヤーの高さ情報をきちんと処理したエンジンつくったからってアピールなんだろうと思う。

まあ EverQuest 1,2 なんて、普通にレビテーションで空とべた気もするが。
あの魔法はけっこう普通じゃ行けないところ行けたり、普通に歩いたらモンス倒しながら1時間はかかるような道のりも空を歩いてかわせたりと楽しかったんだけど。

バードの超特急も、その速さゆえ跳ね上がり、地面との衝突でダメージくって笑い話になったりとか、あったようななかったような。

プログラム的にはそっちのほうが単純で、レベルデザインの手間もかからない気がするんだけど、中の人ではないので分かりません。


まあ、そういうのをあきらめないで探求するのって大事って話。

PHANTASY STAR ONLINE 2



PSO 2 始めました。

とりあえず、 レンジャーでプレイ。
私の場合、面白いかどうかより、素晴らしいかどうかが重要。
で。なかなかすごい。
よくできていると思った。

国産MMOの弱点ともいえる、物理演算の弱さを克服 あるいはそれを感じさせない工夫が見られた。

ということで
・ジャンプが出来る
・狙ったところに弾が飛ぶ。
なので。

FPSライクな遊び方もできるようになっていた。
見た感じ物理演算をやってはいない・・・とは思う。

操作性。
最近は、ゲームパッドが主流になりつつあるのかもしれないが、昔からある WSAD による移動と、マウス操作というプレイスタイルで普通に遊べる。

レンジャーの場合、射撃武器が中心となると思うのだけど。

プレイ中、視点を切り替える機能があり
「Cキー」で 照準器利用、



「Qキー」で ターゲットのロックを行う事ができる。



他にキャラクターを中心として周りを見ることが出来るモードもある(Tキー)



前作のPSO みたいに、ターゲットロックしたままクリックすれば狙わなくとも弾は当たってくれるし、FPSみたいに遊びたければ照準器を出して狙ってもいい。

5ボタンマウス等もきちんと認識するらしく、それらのボタンに機能も割り当てられる。

スキルベースのMMOでありがちな、弾の当たり判定がダイスを振って決まるが如く、ちゃんと狙って照準バッチリあってるのに、ミス連発というような事はない模様。

それに、このエロさ。



すごい・・・。 

キャラクターの外見も自由度が高い。(キャラクリが凝ってる)

構えもおかしくないし、動きも自然な感じ。
表情なども設定されているらしく顔も動く。
手や足の動きは、若干、モーションはキャプチャではなく、エディタで編集しましたという感があるが、まあ気にしなければOK。

ジャンプは実装されたものの、結構、堅い。
マップ中に随所でジャンプ利用で登れる箇所があり、それを登るか、ショートカットがわりに落ちるぐらいにしか使えないと思ってよいのではないかと。

戦闘中も有効に使えるのかと思ったが、極めたわけではないのでちと不明。

ジャンプ中に攻撃を行うと落下が停止する模様(笑)

なので、攻撃対象が飛んでいる場合に、対象が低空になった時に、ジャンプしてグレネードなど打ち込むと空に向かって撃つよりも大分マシな感じ。

仕様上の副作用な気もするが・・・それを見て良かれと思ったのか、そのまま作りこまれているのでゲームとしては成り立っている印象。

プレイ中のイベントがかったるいがESCで飛ばせるし、まあ慣れればOK。
画面の切り替わりさえなければOKだったと思うのだが・・・。

それにしても、いかにも日本的なGUIで。細かく作りこまれすぎていて、なにするにも結構面倒くさい。

ウィンドウのクローズが特に面倒で・・・。

アサインしたキーとかハードウェアボタンで2回呼び出したら、トグルで消えてくれるタイプのウィンドウもあるのだけど、全てがそうなっているわけではなく、ESCか[X]または閉じるボタンを押して閉じなければならないウィンドウもあり

その辺をとりあえず何とかして欲しい今日この頃。


このPSO2。

今後10年引っ張っていきたいらしいのだけど、機能的にはようやく米国の10年前の水準に近づいただけぐらいだと思うんで、ちときつい気もするものの、ひさびさにサービスを継続して言って欲しいと思わせるゲームに出会った気がする。

にしてもどうして日本はこうも物理演算を毛嫌いするのか・・・。

コンシューマー機も考慮しなければならないとか、いろいろ理由はあるんだろうけど。

ということで。
お勧め。

キャラクターのできもすばらしく、DIABLO3は、もういいって感じ。
まあ、あれはあれで、面白いんだけど。

PSO2をやった後にDIABLO3 をやると、見下ろし視点がちと気持ち悪く感じる・・・。

2012年6月24日日曜日

Surface


Surface 早く出ないかなー。

(元のSurfaceはPixelSense に変更になったらしい)

最近 Android の ソフト開発方面の人に成り掛けてたのだけど。

それどころか iPhone 開発にまで少し入り込んでしまった。

Windows がこうなると、私的には他の端末には用がなくなってしまう。

Windowsにしかできないことって、けっこうあるんで。

というよりは、私が使える開発言語群とかサーバーソフトウェアの類が Microsoft よりなのでしょう。

でも開発環境と実行環境が同じっていうのはけっこう大きい。

いつまで待っても発売しない NoteSlate も ペンタブ も、ミニノートもモバイルキーボードもいらなくなって鞄も軽くなる日が近い・・のか。

まあでも、Skyrim や DIA3 はおうちに帰らないと遊べない・・・。


2012年5月30日水曜日

DIA3 Patch 1.0.2.9749

DIA3 1.0.2 パッチ後、Retriving Hero List で固まる人が続出。

パッチ直後は普通に遊べていたらしいのだけど、今現在(JST0700)、つながらない模様。

私も朝からのぞいてみようと思ったのだけど。

Retrieving Hero List... で応答がなくなる。

21世紀だというのに、いまだに人類はこの手の問題を解決できないらしい。

2012年5月23日水曜日

Diablo 3

Diablo 3 始めました。

ひさびさの MO。
とりあえずソロで一巡してみようかと。

まあ出遅れ気味。
忙しかったので仕方がない。



Diablo シリーズは大好きだったのでまあ当然の結果。

私は基本的にMOとかMMOで最初は弓使い系なんだけど。
マウスボタンのホールドしっぱなしで矢を連射してくれるので、ボタンは壊さずに済む模様。

昔の国産マウスって今より壊れにくくてボタン壊れたことなんて無かったのだけど。
最近のマウスは連打してるとクリックが渋くなったりと、すぐ壊れるんで、この仕様はありがたい。

課金もしなくていいし。

月額課金だと躊躇する。
忙しくなると突然プレイしなくなったりするわけで。
そうすると、課金したまま遊ばない状態も続く。
クローズすればいいんだけど、それが思いつかない。

EQ2なんて5年ぐらい課金しつつ1度もプレイしていなかったっつー状況が過去にあったので。

毎日とか毎週とか遊んでるうちはOKだろうけど。

一旦クローズしてその後、数年たって、ひさびさにちょっとだけ復帰してみるかと思って課金を再開すると、やヴぁい。
ちょっとした出来事なんてのはすぐ忘れてしまうわけで、次の日から忙しくなったりすると、そのまま忘却の彼方へ。
みなさんも気をつけよう。


2012年5月20日日曜日

2.5インチ 1TB HDD (WD製) の外周と内周の速度差



最近、開発用ノートの HDD を WD の 1TB (WD10JPVT)に換装した。


(WesternDigital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 1.0TB 8MB SATA WD10JPVT,  2.5 inch, 9.5mm)



いつものように、C:システムとアプリ、D:開発用(コンパイラとコード)、E:データ(巨大なリソースの類)、F:キャッシュ(中間ファイル的なものとか、しょうもないテキストとか、ごみ)の類 というように4つにパーティションを切った。

(キャッシュ専用ドライブといっても仮のファイルや、システムフォルダを移動したとしても My Documents ぐらいしか置かない)

で。

新調したついでなので、Application Data 以下の Google フォルダまるごとと、IEのキャッシュフォルダを Fドライブにシンボリックリンクで移動してみたのだけど。

どうも、HDDがカリカリうるさいし、 Chrome も遅くなったような気がするので、HDDの速度をHDBenchで量ってみた。

Cドライブ
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
109052   82914    9594   23572  C:\100MB

Fドライブ
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
57984   48878    8831   16217  F:\100MB

ということで。
予想以上の差があった。
これだと断片化したほうがマシな感じだ。
なので、ChromeやIEのキャッシュはCドライブにおいておいたほうが良さそう。

1TBのHDDに関しては、おいしいところ(速度面で)を使うためにパーティションきらないほうがいいとか、CドライブとDドライブで分けたときに、Cドライブ空き領域~Dドライブまでの速度面で有利な部分が空きのままで有効に使えないからもったいないというようなものらしいんで・・・。

はーそうなのかー今まで気にしたことなかったなー。

ちとどうしようか悩んでる今日この頃。


 

2012年5月15日火曜日

Google Drive の Windows 用 アプリケーションのインストールに失敗する場合


うちのとあるXPマシンに Google Drive をインストールしようと思ったのだけど

以下のエラーが出て、インストールできなかった。


Google Drive: The installer encountered error 1603: Fatal error

で。

調べたところ、

Microsoft Visual C++ 2008 Service Pack 1 Redistributable Package ATL Security Update

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=11895

をインストールした上で、googledrivesync.exeを実行してインストールすればOKらしい。

(あくまで error 1603 の対策)





参考
http://productforums.google.com/forum/#!msg/drive/nXlPVCFhRFQ/pgIekpbVOXYJ

2012年5月2日水曜日

Skyrim (PC) 影バグ 対策

ググって改善したのでレポート。
(PC版の話)


http://www.game-damashi.com/articles/201111/171155/

などを参考に ENBSeries  というグラフィックエンハンサー的なものを導入すると影バグもろとも改善する模様。



ちなみにENB導入前の状況は
・プレイヤーおよびキャラクターの影が無い(おそらく描画はしているが、位置と大きさが不適切)
・フィールド・室内問わずあらゆる影がチラつく。
・マウスで視点変更すると影も一緒に動く。
・水中で何も全く見えない。

というひどい状況。
(ちなみにうちの環境は、NVIDIAのGF 8800M GTX)


SKYRIMの実行ファイルが置いてあるフォルダに DirectXのDLL とその追加設定ファイル的なものを置いておくという仕様。

http://d.hatena.ne.jp/astante/20111231/1325261519

デフォルトの設定でも動くとは思うのだけど、上記のURLにてハイエンド向けに設定に関して探究してくださった方がいらっしゃるので、そのまま素直に導入するのがベターかもしれない。

なお、うちでは重くて・・・。その設定では、コマ落ちする。
同じような状況の方は、設定ファイル導入後、普通にランチャーからオプション変更でパフォーマンス下げてやれば動きます。

(ちなみにGF 8800M GTXでは、オプションの大半を Middle ぐらいにして 影を Low にすれば快適。)

そんな感じ。





P.S.
最初のころ影バグなんてなかったと思うんだけど。
ENB と その設定ファイルのおかげで、昔みたいに綺麗にプレイできるようになりました。

ありがとう!




2012年4月29日日曜日

SKYRIM error

その1
------------
 昨日から SKYRIM でゲーム開始ができない。

コンティニューも、ニューゲームも不可。

"[WETrigger script <(0199883)>] Warning: OnInit() myHoldLocation property has not been set, this will result in errors."

というようなエラーがダイアログで3回ほど表示されて、ニューゲームの場合そのまま続行不能。ロードした場合CTDとなる。

何が原因でこうなっているのか謎。

おそらく MOD のせいなんだろうけど。

つい先日まで動いていたような気もするので、Steam でなにか自動更新されたせいなんじゃないかとも思うのだけど、良くわからない。

ネットの情報源によると、同様のエラーではまっている人もいるみたいなのだけど解決策らしい解決策もないらしく、どうしたものか・・・。



色々やってみたところ。

Steamからファイルの検査ができるのだけど、うちではそれで直る模様。


  1. Steam の「ライブラリ」から「The Elder Scrolls V:Skyrim」を右クリックして、「プロパティ」を表示。

  2. 「ローカルファイル」タブを表示、「ゲームキャッシュの整合性を確認」をクリック。

  3. プログレスバーが表示されるので、処理が完了するまで待つ(5分ぐらい)


できれば原因となった MOD を特定して削除したいのだが、どうも Steam 上で追加したMODやDLCは、削除しても勝手に入るらしい。

私もうっかり Steam から追加してしまった MOD が1つと、テクスチャのDLCがあるのだけど。

「ゲームキャッシュの整合性を確認」をすると復活してしまう。

ということで、SteamからMODの追加はせずに、Nexus Mod Manager などを使ったほうがよさそう。

SteamでのSKYRIMの自動更新もこの際オフにしてしまったほうがよさそう。

てことで。

以上。

------------
その2

どうも Users\ユーザー名Documents\My Games\Skyrim にある
Skyrim.ini か SkyrimPrefs.ini を削除してゲーム起動して作り直すと改善する模様。
破損していたかスペック的に設定に無理があった可能性が高い。
Steamでファイルの整合性チェックでなおったのは、それらが元に戻ったせいという見方もできるわけで。
ということで ini を最初に削除するか、ファイル名変えたり移動するなりして、ゲームが正常に動くかどうか検証してからファイルの整合性チェックをするほうがよいかもしれない。
-------------
その3

やっぱり MOD が関係している模様。
コメントもいただいたのだけど、その方も MOD が原因らしい。
私も The Asteria のチェックを外したら動いた。
さらに Nexus Mod Manager から Launch すると、タイトル画面までは問題ないのだけど
コンティニューなどをした後の、ローディング途中で何も言わずにCTDとなる。
いちいち、Steam起動して同期処理が走った後でないと動かないような状況。

ここ最近遊ぶ暇がなかったので浦島太郎状態なのだけど。
いつのまにこういう事になっていたのか・・・。

しかも、どうやら私も影バグというものが発症しているらしく。
マウスに追従して影が動くという・・・。




2012年3月19日月曜日

The Control Pad with a Tablet-PC for Oblivion

The Starfleet for Oblivion - The Shuttle - の最新版(未公開・調整中)のデモ。

・リアルコントロールパッドを使った操作が可能になった。
タブレットPCをシャトルのコントロールパッドとして利用できるようになります。

・宇宙に行けるようになった(専用のインテリアーセル(部屋)を追加)
 船内のコクピットを操作すると宇宙に飛び立ちます。
 その宇宙はインテリアーセルになっており、安全にベッドで休息できるようになります。

というもの。

コントロールパッドのアプリケーションは、Wi-Fi 対応の Touch Panel搭載 Windows PC で XP以降のOSが搭載可能なものなら何でもOK。

Oblivion側のPCには、最新版のシャトルMODを導入し、リアルコントロールパッドを使用する設定にしておく必要があります。

仕組みは、コントロールパッドのアプリケーションと、MODのスクリプトが、専用のテキストファイルを共有し情報の読み書きをするだけです。
なので、ファイルの共有でそのファイルにアクセスできるようにしておく必要があります。

一応、コントロールパッドのほうは TCP/IP に対応していて、ファイル入出力に依存しない方式へも移行できるような設計にはなっておりますが、MOD側はファイルの入出力以外は今のところ未実装で今後の予定も無し。




(スクリプトのクエストタイマーが長いままなのでコントロールパッドを操作してから、シャトルが動作するまでタイムラグがあります)

PS
作ったのはかなり前で、今はSkyrimもあるわけなので、整備のほうが進んでおりません。
ちょっとした時間ができたので、ムービーぐらいあげておこうかと思った次第。

ちなみに、コントロールパッドは Flush で作られているわけではなく、新規に開発した普通の win32 アプリケーションで、XP仕様。Windows 7 でも動作確認済み。

画面は xml でフルカスタマイズ可能で、プロトコルでさえも独自に設計可能です。
何にでも使えて万能という所が味噌で超高機能。
絵を描いて読み込ませて、GUI上からボタンの定義をしてやれば、ほぼ自動でボタン化できます。
入出力もモジュール化されていて、画面表示、ファイル、通信等独自に定義可能。
LCARSではないものも作れます。

それ故にマニュアルの整備等々公開までの壁が多くいまだに開発中。
シャトルのほうはOKだけど、母艦のほうのコマンドの実装が多すぎてどうしようか悩み中。
OBLIVION と SKYRIM で、今後どちらが優勢になるのか見極めたうえでの判断するしかないと思う今日この頃。

2012年2月18日土曜日

noteslate

いつ発売するんだろう。フェイク確定という話も。

Android タブレットに似たようなアプリ作ってのせてしまえば
不要になってしまうような気もするわけで。


まあ・・・ようわからん。

2012年1月12日木曜日

SKYRIM PC版 感想

最近はまた時間がなくてやっていないのだけど・・・。
年末年始にメインクエストらしきものは一応クリアできた。

で。

やっぱり日本語訳が変だった・・・。

日本語で遊べるだけマシなのだけど。

いつかは、英語版のSKYRIM を日本語化したほうがマシな状態になってしまうのではないかという感じもする。

STEAMで日本語訳の改善パッチでも配布されれば有難いんだけど。

それは無いよな・・・・。

SKYRIM 日本語版の 訳の修正を有志でやってみるとか、そういう必要性を感じた。

一応、日本語版は英語でも遊べるので、英語分かる人は英語で遊んだほうがいいかもしれない。

以上。

まあでも、そんなの大した問題にならないぐらいの出来で満足。

ひさびさに OBLIVION をプレイしてみると、SKYRIM に感性が馴染んだせいか、キャラの動きもカクカクしていて違和感があった。

今更 OBLIVION には戻れないかもしれない。

なかなか MOD を作ったりする時間もないのだけど。

その辺もなんとかしたい今日この頃。

2012年1月2日月曜日

スカイリム , リディア 便利コンソールコマンド

たまには役に立つネタ。

SKYRIM (PC版)で、リディアと同行中に必要になるかもしれないコマンドのメモ。
(ぐぐって SKYRIM系の海外のフォーラムで入手した情報。すでに出元不明。)

コンソールは [ALT] + [半角/全角]
([半角/全角]だけでも入ったり抜けたりできる場合が多々ある)


■リディアが見当たらない時に、プレイヤーの場所に呼び出す。
(死んでると機能しない場合がある模様)

a2c94.moveto player

■リディアの場所に移動する
(死んでいても機能する)

player.moveto a2c94

■リディアの蘇生
蘇生すると所持品やフラグ類も初期化されるように思う。
結婚している場合どうなるのか不明。
なので、勧めはしない。

1.リディアのアイテムを全部回収する。
2.コンソールで、リディアをターゲットし ID 表示
3.そのままの状態で

resurrect

TES4と一緒。

4.話しかけて、付いて来いを選択して、回収したアイテムを渡す

■リディアと結婚
1.コンソールで、リディアをターゲットし ID 表示
2.そのままの状態で

addfac 19809 1

3.マーラのアミュレットを装備して話しかける
(マーラのアミュレットは拾うこともあるし、聖堂で買えます)

あとは通常通り。

4.リフテンの聖堂で式を挙げる

式が終わると、とっとと帰ってしまうので、TAB押して
メッセージ終了させて、すぐにリディアに話しかけて
自宅設定か、同行の設定をしないと、どこに行ったのか分からなくなったので、注意。
(ホワイトランの首長のところに戻ったのかもしれないけど、未確認)

これを行うことによって発生する不具合等は不明。

私は今のところ問題なし。

そんな所です。

リディアをコンソールでターゲットして操作が完了したら、コンソール解除する前に、ターゲットは解除しておくことをお勧めします。

でないとプレイヤーに tcl 等を設定した際に、プレイヤーに対して行われないので注意が必要です。
この辺は TES4 と一緒。

あけましておめでとう

今年もよろしくお願いします。


近況。

RAID環境じゃなくなってずいぶん経つのだけど。
ソースコードとリソースのバックアップで正月終わりそう・・・。

SKYRIMは作業の待ち時間にぼちぼち遊べてるのでOKだけど。

やっぱPC1台じゃ足りません。

なので退役マシンひっぱりだして1台環境構築。

最近やたらとXPを外で見る機会が多くて、世の中まだまだ XP のようだというのに気付かされた。



けっこう前の話だけど、今後が不安なので将来見越して転職しました。

私が居た前の世界はすでに Windows 7 とか 2008 R2以降 で Windows 8 対策とかもやってたので、それが当たり前だと思っていた。

最近はガラケーとメモ帳、PCはXPという世界で Android や iPhone OSも無い。
なので、なんかこう一気に10年前の時代に前戻ったような錯覚がある今日この頃です。

で。

最先端を追いかけるより安定化された進化しない基盤上で働くほうが楽だというのはよくわかった。

なぜ今までそんなに技術習得に意欲を燃やす必要があったのか謎になってきた今日この頃です。

とはいえ、そういう習慣はなかなか抜けなくて、暇があれば情報収集してコード書いて検証というのはやめられない。

いつ作るかわからんゲームとかアプリ用に一応覚えておき体的な部分があるわけで。

DirectX 関係とかテストとか評価で面倒・・・というより気がつけば朝的な作業なのだけど。

それらも基本的に職務上はスルーでOKだし、暇なときに自分のペースで趣味の範囲で評価できるっていうのは楽しい。

寝る間も惜しんで勉強する必要もないし、なんかこう、落ちるとこまで落ちます的な。

転職は時間にゆとりができて、GOODな選択だったのではないかと思う。

なんか、転職先間違った感はあるけど、このご時世に贅沢はいってられないわけで。


---


今年の初詣は昼間に行った。

いつもは除夜の鐘が鳴ってる最中にいってたのだけど。

歳も歳だし、最近風邪とか体調不良で調子よくなかったんで、昼間を選択。



私的に、今年は一応、太陽活動におけるCME(コロナ質量放出)を警戒してみよっかなー☆ とか。

送電線網に障害がでたり、PC故障とか、HDDのデータぶっ飛ぶのは勘弁して欲しいので、ボチボチなんらかの対策をしておかねばと。

が、実際どーいう対策すればいいのかよくわからない。

学生時代にオシロスコープを操作する際に、電波暗室的なシールドルームというのがあったわけで。

その要領でOKなのかなと。

部屋は無理だから箱ぐらいしか用意できないわけなのだけど。

まあ、過去資産のソースとかリソース守れればそれでOKではあるんですが・・・。

耐環境性能に優れたガラス媒体に彫りこんで記録するっつー新技術が速くお目見えすればいいなーと思う今日この頃です。

でもこういうのって今のご時世、手間暇さえかければ、自分でつくれちゃいそうな気がしないでもない。

造形・光学系の掘る装置、読む装置ともに安価で、密度的に細かいのは無理かもしれないと思いつつも、精度的にもけっこーいい線いってるようにも感じるわけで。

まあ資金と時間次第ではありますが・・・。