2012年5月30日水曜日

DIA3 Patch 1.0.2.9749

DIA3 1.0.2 パッチ後、Retriving Hero List で固まる人が続出。

パッチ直後は普通に遊べていたらしいのだけど、今現在(JST0700)、つながらない模様。

私も朝からのぞいてみようと思ったのだけど。

Retrieving Hero List... で応答がなくなる。

21世紀だというのに、いまだに人類はこの手の問題を解決できないらしい。

2012年5月23日水曜日

Diablo 3

Diablo 3 始めました。

ひさびさの MO。
とりあえずソロで一巡してみようかと。

まあ出遅れ気味。
忙しかったので仕方がない。



Diablo シリーズは大好きだったのでまあ当然の結果。

私は基本的にMOとかMMOで最初は弓使い系なんだけど。
マウスボタンのホールドしっぱなしで矢を連射してくれるので、ボタンは壊さずに済む模様。

昔の国産マウスって今より壊れにくくてボタン壊れたことなんて無かったのだけど。
最近のマウスは連打してるとクリックが渋くなったりと、すぐ壊れるんで、この仕様はありがたい。

課金もしなくていいし。

月額課金だと躊躇する。
忙しくなると突然プレイしなくなったりするわけで。
そうすると、課金したまま遊ばない状態も続く。
クローズすればいいんだけど、それが思いつかない。

EQ2なんて5年ぐらい課金しつつ1度もプレイしていなかったっつー状況が過去にあったので。

毎日とか毎週とか遊んでるうちはOKだろうけど。

一旦クローズしてその後、数年たって、ひさびさにちょっとだけ復帰してみるかと思って課金を再開すると、やヴぁい。
ちょっとした出来事なんてのはすぐ忘れてしまうわけで、次の日から忙しくなったりすると、そのまま忘却の彼方へ。
みなさんも気をつけよう。


2012年5月20日日曜日

2.5インチ 1TB HDD (WD製) の外周と内周の速度差



最近、開発用ノートの HDD を WD の 1TB (WD10JPVT)に換装した。


(WesternDigital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 1.0TB 8MB SATA WD10JPVT,  2.5 inch, 9.5mm)



いつものように、C:システムとアプリ、D:開発用(コンパイラとコード)、E:データ(巨大なリソースの類)、F:キャッシュ(中間ファイル的なものとか、しょうもないテキストとか、ごみ)の類 というように4つにパーティションを切った。

(キャッシュ専用ドライブといっても仮のファイルや、システムフォルダを移動したとしても My Documents ぐらいしか置かない)

で。

新調したついでなので、Application Data 以下の Google フォルダまるごとと、IEのキャッシュフォルダを Fドライブにシンボリックリンクで移動してみたのだけど。

どうも、HDDがカリカリうるさいし、 Chrome も遅くなったような気がするので、HDDの速度をHDBenchで量ってみた。

Cドライブ
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
109052   82914    9594   23572  C:\100MB

Fドライブ
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
57984   48878    8831   16217  F:\100MB

ということで。
予想以上の差があった。
これだと断片化したほうがマシな感じだ。
なので、ChromeやIEのキャッシュはCドライブにおいておいたほうが良さそう。

1TBのHDDに関しては、おいしいところ(速度面で)を使うためにパーティションきらないほうがいいとか、CドライブとDドライブで分けたときに、Cドライブ空き領域~Dドライブまでの速度面で有利な部分が空きのままで有効に使えないからもったいないというようなものらしいんで・・・。

はーそうなのかー今まで気にしたことなかったなー。

ちとどうしようか悩んでる今日この頃。


 

2012年5月15日火曜日

Google Drive の Windows 用 アプリケーションのインストールに失敗する場合


うちのとあるXPマシンに Google Drive をインストールしようと思ったのだけど

以下のエラーが出て、インストールできなかった。


Google Drive: The installer encountered error 1603: Fatal error

で。

調べたところ、

Microsoft Visual C++ 2008 Service Pack 1 Redistributable Package ATL Security Update

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=11895

をインストールした上で、googledrivesync.exeを実行してインストールすればOKらしい。

(あくまで error 1603 の対策)





参考
http://productforums.google.com/forum/#!msg/drive/nXlPVCFhRFQ/pgIekpbVOXYJ

2012年5月2日水曜日

Skyrim (PC) 影バグ 対策

ググって改善したのでレポート。
(PC版の話)


http://www.game-damashi.com/articles/201111/171155/

などを参考に ENBSeries  というグラフィックエンハンサー的なものを導入すると影バグもろとも改善する模様。



ちなみにENB導入前の状況は
・プレイヤーおよびキャラクターの影が無い(おそらく描画はしているが、位置と大きさが不適切)
・フィールド・室内問わずあらゆる影がチラつく。
・マウスで視点変更すると影も一緒に動く。
・水中で何も全く見えない。

というひどい状況。
(ちなみにうちの環境は、NVIDIAのGF 8800M GTX)


SKYRIMの実行ファイルが置いてあるフォルダに DirectXのDLL とその追加設定ファイル的なものを置いておくという仕様。

http://d.hatena.ne.jp/astante/20111231/1325261519

デフォルトの設定でも動くとは思うのだけど、上記のURLにてハイエンド向けに設定に関して探究してくださった方がいらっしゃるので、そのまま素直に導入するのがベターかもしれない。

なお、うちでは重くて・・・。その設定では、コマ落ちする。
同じような状況の方は、設定ファイル導入後、普通にランチャーからオプション変更でパフォーマンス下げてやれば動きます。

(ちなみにGF 8800M GTXでは、オプションの大半を Middle ぐらいにして 影を Low にすれば快適。)

そんな感じ。





P.S.
最初のころ影バグなんてなかったと思うんだけど。
ENB と その設定ファイルのおかげで、昔みたいに綺麗にプレイできるようになりました。

ありがとう!