2016年12月2日金曜日

GPD WIN BIOS復旧 その1


・接着されているスピーカーとアナログスティックのケーブルは、はずさなくともMBは外せる。

・キーボードのケーブルも外さなくてもよさそう。
MBにはくっついているが、丁度ケーブルのあるあたりはMBと離れようとするし、ぎりぎりの長さなので一応外しといたほうがいいかもしれない。

・キーボードの銅板は外さなくてもBIOSまではたどりつける。
まあたぶんこれがBIOSのROMだと思う。


BIOSを読み書きしようとクリップで挟んでみたが挟めない。
クリップを手で固定しようと思ったが無理だった。


以下のムービーと同じような事をやらないといけない・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=ycE_ZgVUMfw

私は銀半田仕様のコテをもってないので、外せない気もする。
細いワイヤーでなんとか外さなくてもいいようにやってみるつもり・・・。

昔は針金2本で通信したものだが。
まあ似たような感じになるのだろう・・・。

それにしてもアナログスティックのネジ山がつぶれてて外すのに苦労した。
別のネジを用意したほうがいいかもしれない。
どうも筐体と干渉しないように削ってくれたせいでつぶれているような気もするが詳細は不明。

最初の印象はネジ山潰れてて最悪だったが、プラス思考で考えれば、抜け防止の対策といい細かい調整が見られるのでいいマシンだと思う。

パッドのゴムの交換は割と楽そう。
アナログスティックの交換は少々厳しい。
キーボードは割と劣化しても機能しつづけそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿